麓郷の森へ。黒板五郎の丸太小屋と風車の家【北の国から】

 

このあたりも景色が最高。

 

こちらから入ります。レストランもあります。

 

黒板五郎の丸太小屋(2番目の家)

1981年(昭和56年)に五郎、純、蛍の3人で力を合わせて建てられました。

ですが、その後「北の国から’84夏」で、純と正吉の火の不始末で燃えてしまいました。

(燃えるシーンでは別の丸太小屋を用いたとのこと)

 

富良野の冬は薪ストーブは欠かせません。

 

五郎が使ったバッグ、大工道具、ヘルメットなどがそのまま置かれています。

 

屋根裏もあります。

 

台所に置いてある酒「男山」にそそられました。

 

 

風車の家(3番目の家)

少し奥へ進んだところにあります。

 

丸太小屋が燃えた後に移り住んだ家です。農家の廃屋を直して使っています。

 

純が五郎の誕生日に作った風力発電(フライパン)が屋根の上に付いています。

 

土間。写真も飾られていました。

 

板の間。冬は寒そう。

 

タンスの上にはキンチョール。

 

味のあるテーブル。

 

屋根裏。

 

台所。

 

出た後に気が付きました。建物の傍に「お願い」の札。

 

確かに老朽化が激しいですね。もう入っちゃったけど。

この建物は北の国からで使用され、撮影後二十年近く経造しています。建物はかなり老朽化しており内部への立ち入りはとても危険です。ご見学は外観のみとさせて頂きます

行って良かったです!

 

ふらの観光協会公式サイト

Bitly






旅行 北海道
わたしらしく