2018年 株主優待到着 (株)アイモバイル(6535)株主全員含み損!利回り/グルメポイントの利用方法

アイモバイルの株主優待は廃止されました

アイモバイルはインターネット広告事業や、ふるさと納税サイト「ふるなび」を運営している企業です。

待ちに待った優待!

権利確定月は7月末日

次回の権利付き最終日は2019年7月26日です。アイモバイルの優待が欲しい場合は、7月26日に株を持っている必要があります。翌日の7月29日は権利落ち日になり、株を売っても優待権利は残ります。

 

優待内容

保有数に応じて、ふるなびグルメポイントをもらうことができます。

500株15,000ポイント
1,000株30,000ポイント

全国210店舗(東京都・千葉県・神奈川県・埼玉県・愛知県・大阪府・京都府・兵庫県・福岡県)で利用できます。

 

2018年10月現在の利回りは4.17%

保有数500株

  • 株価 720
  • 投資金額 360,000円
  • 配当 なし
  • 優待 15,000円(利回り4.17%)

保有数1000株

  • 株価 720
  • 投資金額 720,000円
  • 配当 なし
  • 優待 30,000円(利回り4.17%)

 

2018年10月現在の指標

  • PER 12.65倍
  • PBR 1.30倍
  • EPS 57.00
  • BPS 554.77
  • 自己資本比率 76.0%(連結)

 

業績

売り上げは今期も良いらしい。

2019年4月追記【業績回復】

 

感想と今後の見通し

良く下がりますね。今回の下落により株主全員が含み損となりました。

 

下落の原因は信用買い残の増加

特に酷かったのが2017年秋~2018年初夏にかけてどんどん増加していきました。流れはこんな感じでしょうか。

  1. 2018年2月1日の高値1,495円を皮切りに株価調整
  2. 50日線付近で切り返すかと思いきや…
  3. 買い残のナンピンが激増
  4. 更に売りを呼ぶ
  5. 権利確定で優待をもらって投げる
  6. 買い残の追証祭り←今ここ
2016年10月515,900
2016年12月815,000
2017年7月372,700
2017年11月126,900
2018年6月955,300
2018年10月492,800

 

サービス業の平均PERは25.7倍(PDF)。少なく見積もってPER20倍の1,140円まで反発しても良さそうですが、買い残ナンピン組にもっと投げてもらわないと上がらないかも。

3桁で買ったけど早まったか

保証は致しかねます

売買は自己判断・自己責任でお願いします

株主優待を書籍で学ぶ【楽天ブックス】







家計・節約
わたしらしく