日本三大酷道の1つ。高知県にある国道439号線を車で走行

一応言い訳しておきますが、自ら通ったのではありません。ナビが言ったんです。439を進めと。あんなに酷道だとは思いませんでした。

 

 

通称ヨサクと呼ばれる国道439号線は、徳島県徳島市から高知県四万十市を結びます。今回(次回はありませんが)、高知県の県道337号線側から国道381号線への接合部分まで通りました。

 

日本三大酷道

①国道439号線
徳島県徳島市から高知県四万十市に至る国道

②国道425号線
三重県尾鷲市から和歌山県御坊市に至る国道

③国道418号線
福井県大野市から長野県飯田市に至る国道

 

普通にのどかな道。

 

 

アジサイの季節。

 

 

「大正まで30km」

そっかそっか。

 

 

まさかの通行止め。

 

 

「700m手前。迂回路有」と張り紙がしてありましたので、農道のような道を通りました。

良い景色。

 

 

この後から大変でした。

 

杓子峠

 

なんか様子がおかしい…。

 

 

どう見ても車一台しか通れない。

狭くてカーブがきつい。

 

 

このおにぎり標識。

曲がっているのは、わざと?

 

 

小さい落石もいっぱいだし、、いや、これ国道じゃないでしょ。

こんなぐねぐね道。生きて帰れる気がしない。

 


地図

 

一体どこがぐねぐね道かというと、ここ。

 


地図

 

また曲がっている。。

 

 

道路が軽く陥没し、どこからか水が流れている箇所もありました。

 

 

大正まで9km。

 

 

なにこれ。もうやだ。

どう見ても山道なんですけど。

 

 

半泣き。前から車がきて号泣。

ドライバーのお兄さん、察してくれたのか延々とバックして手招きで誘導。

神だわ神。

 

381号線に出ました。無事に生還。

ヨサクさん26.7kmを1時間7分で通り抜けました。

 

 

感想

 

もう439号線は結構です。悪路で急カーブ続き。ついでにこの日は小雨で霧。今まで通った中で1番怖い道でした。

たとえ運転に自信があっても必要がなければ通らない方が良いです。面白半分に通行するのは止めておきましょう。

ガードレールがないところも多いので少しミスったら死にます。冗談ではなく。画像アップできて良かった。

 

ヨサクの全行程はこんな感じ

 

ただの好奇心で調べました。

 

 

四国山地に沿って四国地方の中山間地域を東西に縦貫する道路で、総延長は348.9kmウィキペディア

 

↓YouTube動画

 

ヨサクを知る前は国道308号線が最強だと思っていた

 

大阪府大阪市中央区から奈良県奈良市に至る国道です。

本当、上には上があるものですね。

 

【酷道】大阪府から奈良県に至る国道308号線を車で走行