Googleアドセンスの審査に合格したらads.txtファイルを設置する



Google アドセンスの審査に合格すると、
「要注意 – 収益に重大な影響が出ないよう ads.txt ファイルの問題を修正してください」
と表示されます。

サイト運営者様は ads.txt を独自に作成することで、自サイトの広告枠の販売者を厳密に管理し、偽の広告枠が広告主に提供されるのを防ぐことができます。

Ads.txt に関するガイド – AdSense ヘルプ

ads.txt ファイルを設定することにより、なりすましを防ぐことができるので設置は必須です。

右上にある「今すぐ修正」をクリック。


「ダウンロード」をクリック。

ads.txt ファイルがダウンロードされました。

ads.txt ファイルにはこのように書かれてあります。

google.com, pub-サイト運営者ID, DIRECT, f08c47fec0942fa0

アップロード

ads.txt ファイルをサイトのルートディレクトリにアップロードします。

FTP

【FTPソフト】FileZillaのインストール&接続方法

WordPress の場合は ads.txt ファイルを「public_html」に挿入します。

ファイルマネージャー

「public_html」をクリックします。

ads.txt をアップロードして完了です。

サーバーから設定

エックスサーバーの場合は「ads.txt 設定」から設定することができます。

反映されているか確認

「サイトのURL/ads.txt」と入力してエンターキーを押したらこのように表示されていれば完了です。

ads.txtが反映されない場合

アクセス数が少ない場合は反映されるまで結構時間がかかるようです。

変更が AdSense に反映され、審査されるまで数日かかることがあります。また、サイトの広告リクエストやトラフィックが少ない場合は、審査に最長で 1 か月ほどかかることがあります。