Amazon Driveアプリの使い方

スポンサーリンク

ウェブブラウザでAmazon Driveを利用する場合は、2GB以上のファイルのアップロードはできません。また、ファイル数1,000&ファイル容量が5GB以上のダウンロードはできません。ヘルプ

大きいファイルをアップロード、もしくは、ダウンロードしたい場合はAmazonDriveのデスクトップアプリを利用する必要があります。

 

 

Amazon Driveアプリをダウンロード

 

Android版、iOS版、Windows、Macの4種類あります。

ダウンロードはこちらから

 

Windows版のアプリをインストールしました

 

ウィルスソフトによってはこのような表示が出ますが「保存」をクリックで問題ありません。

 

 

クリックしてインストールします。

 

 

メールアドレスとパスワードを入力し「サインイン」をクリック。

 

 

  1. パソコン内にあるピクチャとビデオが自動検出される
  2. 「バックアップ開始」もしくは「別のフォルダを選択」をクリック

 

 

  • バックアップ:フォルダーを自動同期することができます。一度設定しておけば、いちいちアプリを立ち上げる必要はありません
  • アップロード:アプリを立ち上げて随時アップロードします
  • ダウンロード:Amazon Driveに入っているファイルをダウンロードします

 

デスクトップ上に「Amazon Backup」ショートカットが作成されました。

 

 

ファイルをアップロード

 

  1. 「アップロード」をクリック
  2. アップロードしたいファイルをドラッグ

 

 

ファイルの場所を選択して「アップロード」をクリック。もしくは、必要に応じて「新しいフォルダーを作成」からフォルダーを作成します。

 

 

アップロードが完了しました。

 

 

ファイルをアップロードする際の注意点

 

事前にフォルダー分けをします。

ファイルをアップロードした際、「すべてに追加する」にしても良いのですが、写真の数が増えると後から分かりにくくなる恐れがあります。

「新規フォルダーの作成」からご自分が分かりやすいフォルダー名を付けて、フォルダー分けをした方が後が楽です。

 

 

フォルダを同期

 

同期したフォルダーを編集すると、すべてのネットワーク上のデータを同時に更新することができます。スマートフォンの同期設定と同じです。

右上の歯車をクリック。

 

 

  1. 同期タブ
  2. 同期の有効化
  3. 同期を有効化してよろしいですか?
  4. 「はい」をクリック

 

 

  1. 「Amazon Driveの同期の有効化」にチェック
  2. Amazon Drive folder、ローカルの同期フォルダーをそれぞれ選択
  3. 同期開始をクリック

 

 

とりあえず「Wordpress」というフォルダーを同期してみました。

 

 

デスクトップにAmazon Driveショートカットが作成されました。

 

 

ショートカットをクリックすると同期フォルダが開きます。

 

 

「同期」タグができました。

自動的にファイルのアップロードが行われます。