Amazon Driveのデメリット。今更ながらOneDriveは良かった戻りたい…

デメリット

「アップロードが中止しました」

「ファイルをスキップしました」「ファイルをアップロードできませんでした」

なんでー

全くアップロードされない時がある

「このフォルダーは空です」

どこに行った!

サービスエラー?

何回やってもアップロードできない写真がありました。1個づつアップロードしたらできましたが・・サービスエラーとは?

「すでにサインアウトしています」

「もう一度サインインする必要があります」って今アップロードしている最中なんですけど。冗談かと思い試しにサインインボタンをクリックしたら、普通にサインインの画面が出てアップロードはやり直し。こんなことが頻繁にあります。

エラー通知が消えたのでやり直し

これは改善されたようです(恐らく)。

エラー通知は画面左下に出てきます。これを見ながら手動でアップロードしたら通知が消えました。通知が消えたらどのファイルか分かりませんので、再度同じファイルをアップロードするしかありません。いちいち内容を控えてから次の作業をする必要があります。

動画サイズに制限あり

「アイテムが大きすぎます」だけでは分かりにくい。一体どのくらいの大きさだとエラーになるのか?

ファイル名が長いとエラー

何文字以上だとダメなのかは分からずじまい。

ファイル数が分かりにくい

あまりにもエラーが多いので、アップロードしたらファイル数を確認したいのですが、いちいちフォルダーを開かないと確認できません。右横にある「サイズ」項目は、ただサイズ順に並べるためのもので意味はありません。

微妙なタイムスタンプ

Amazon Drive

アップロードした最終の日時が記録され、撮影日は表示されません。ですので、アップロードする前にしっかりとフォルダー分けを行わないと後々苦労します。

プライムフォト

撮影日が表示されます。該当の月をクリックして、右に表示される画像をスクロールすると日付が出てきますが、画像が多いと分かりにくい。画像ファイルではなくフォルダーごとに表示してほしい。

ダウンロード先のストレージが選べない

たとえば、スマホアプリからAmazon Driveにアップロードした場合、保存先の選択はできません。100件アップロードしたとしたら100件ずらずらとファイルが並ぶことになります。

同期が役に立たない

ウェブブラウザでアップロードすると、「同期」ですので、もれなくパソコンのCドライブの全ファイルに対し「クラウドとCドライブの比較」&「ダウンロード」が延々と行われます。

更に困るのが「途中で中止することができない」こと。その間CPUに負荷がかかったまま。

「同期停止」にすると自動アップロードはできませんし「同期再開」するとダウンロードが始まります。気が付くと同じフォルダーがCドライブに2個づつある状態。

同期フォルダー内のファイルを削除すると、クラウドのファイルも削除されます。データが全て消える恐れがありますので慣れるまでは同期は止めた方が良いです

 

無料のGoogle Driveは優秀なのに

Google Driveは早い!エラーなし!

Amazon Driveは遅い!エラー続出!有料なのに…

 

【結論】私の場合はOneDriveが最強

OneDriveに置いてあった100GBを全てAmazon Driveに「正確に」アップロードするのに1週間かかりました。エラー続出で大変でした。

アップロードでエラーになったことがない

覚えている限りエラーの経験がありません。

デスクトップ画面上で作業が完結

ファイル移動はドラッグ&ドロップで。

Amazon Driveはそんなことはできません。Web上のAmazon Driveまたはプライムフォト、またはアプリを開いて「アップロード」して「ダウンロード」。余計な動作が増えました。

OneDriveは意外とお得

OneDriveが付帯されている「Microsoft Office 365 Solo」は高いは高いのですが、毎月Skype1時間無料となりますので使いようによってはお得になります。20円/30秒の端末で考えると「2400円/60分」に相当。

【無料】ひと目でわかる Microsoft Office 365 Soloダウンロード版

Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)

Amazonプライムの特典。メリット14点をまとめてみました