アシックスウォーキング「男のフォーマルシューズ」を買いました

スポンサーリンク

【走れるビジネスシューズ ランウォーク】

➡アシックスウォーキング  内羽根 ストレートチップ 3E WR829T

 

いきなりデメリットを書きますが…

このシューズは、あくまでもビジネスシューズです。

多少クッションは効いているので、ある程度の長距離は楽に歩けますが、ウォーキングシューズとは言い難い。走ろうと思えば走れますが「決して”Run”ではない」。そういう意味では微妙。

 

冠婚葬祭はもちろんのこと、格式の高い場所でも履ける男のフォーマルシューズ「ストレートチップ&内羽根」。

つま先の革の切り替えが横一文字にデザインされており、靴紐を結わくと羽根がぴったり閉じる仕様になっています。

 

内羽根のせいか通常の3Eよりは狭めに感じます。ワンサイズ大きめを買いました。

 

グッドイヤーウェルト製法。

ソールは厚く、コバが出ています。

 

縫い目が見えるのが特徴。ソールがすり減ったら簡単に交換できます。

 

ソールは合成底でスニーカーのような感じ。防水なので雨の日も安心。

 

最後まで迷いに迷ったのが、リーガルのマッケイ製法の内羽根シューズ。

いかにも柔らかく、すっきりしていて美しい。

 

➡リーガル 内羽根 ストレートチップ

ですが、縫い目が靴底にあるので雨の日は基本的に履けませんし、クッション性に乏しいため長時間の歩行は向いていません。そもそも幅が2Eなので却下。

スポンサーリンク

 

リーガルにもグッドイヤーウェルト製法の内羽根シューズはありますが、幅が2Eしかないようで断念。

リーガルは2Eしか無いのか

 

スコッチグレインのグッドイヤーウェルト製法の内羽根シューズも素敵ですけどね。

幅も3Eと好都合なのですが、予算がきつい。

 

結局、2万円ほどで買えるアシックスとなりました。

良くあるビジネスシューズよりはコバが小さめですっきりしていますが、マッケイ製法と比べるとボデッとして、ちょっとオッサンくさいかも。

 

でもまあ、革自体は高級感があり悪くありません。

ツヤは自然な感じですので、冠婚葬祭でも大丈夫。

雨の日も履けますし(もちろん最初にクリームと防水スプレー)コスパ的には◎

➡レディースのアシックスウォーキングはこちら

タイトルとURLをコピーしました