バックアップを取る方法【WordPress&エックスサーバー】

バックアップをすべき時はこんな時です。

  • WordPressを更新する前
  • プラグインを更新する前
  • テーマをアップデートする前
  • 記事が溜まったらその都度

中でも、Wordpressを更新する前のバックアップが重要。WordPressを更新しないまま、プラグインとテーマを一気に更新したら開かなくなった例も見受けられます。

➡Fatal errorの対処法

必ずバックアップを取り、プラグインを一旦全て停止してから更新します。

バックアップ

バックアップには2種類あります

データベース(MySQL)

管理画面の設定、ユーザー情報、記事のパーマリンクやコメントなど。

データベース構造 – WordPress Codex 日本語版

Webデータ

WordPressのテーマ・プラグイン・画像などのデータを指します。

 

データベース(MySQL)

1.phpMyAdmin

エックスサーバーのサーバーパネルにログインしたら、データベース欄にある「phpmyadmin」をクリックします。

MySQLデータベースのユーザー名とパスワードを入力します。

➡phpMyAdminのユーザー名とパスワードを調べる方法

phpMyAdminを開いたら「エクスポート」をクリックします。

  1. エクスポート方法「簡易」にチェック
  2. 出力:チェックなし
  3. フォーマット「SQL」を選択
  4. エンコーディングへの変換「なし」にチェック

「実行」ボタンをクリックしてダウンロードしたら完了です。

 

2.サーバーパネル

エックスサーバーのサーバーパネルにログインしたら、データベース欄の「MySQLバックアップ」をクリックします。

表示されるデータベースの数は人により異なります。1つづつエクスポートを行います。

  1. MySQLバックアップ
  2. 手動バックアップ
  3. 圧縮方式は「圧縮しない」または「gz方式(圧縮)」を選択
  4. 各「エクスポート実行」をクリック

ただし「データベース1個の容量が目安値(MySQLバージョンにかかわらず2GB)を超えている場合、ダウンロードできません」ので、phpMyAdminからダウンロードする必要があります。

 

Webデータ

1.FTPソフト

➡【FTPソフト】インストール&接続方法。FileZilla(フィルジラ)

向かって右側に「リモートサイト(サーバー)」が表示されます。

「リモートサイト」からフォルダを探し、右クリックしてダウンロードします。

もしくは、デスクトップに「バックアップフォルダ」を作成して、ドラッグ&ドロップすると簡単です。

 

2.サーバーパネル

エックスサーバーのサーバーパネルにログインしたら、アカウント欄にある「バックアップ」をクリックします。

全てのフォルダをバックアップしたい場合は「ホームディレクトリ」をダウンロードします(個別のダウンロードもできます)。

「tar.gz形式」で圧縮されたファイルがダウンロードされます。

tar.gzファイルはLhazで解凍できます

ファイルが多いとエラーになるので私はこの方法ではバックアップしていません

 

保管

間違えて消してしまう時もありますし、ハッカーの危険性もあるので複数の場所で保管すると安心です。日付を入れたフォルダーにまとめて入れておくと分かりやすいかと。パソコン内ではDドライブに保管しています。

 

それと、その都度Gmailを取得しGoogleドライブにアップロードしています。無料で15GBまで保存できます。私のファイルは容量が大きいので6時間ほどかかりますが、夜にアップロードすると朝には終わっています。

 

最近は愛用のOneDriveにはアップロードしていません。なぜか空のフォルダーは保存できませんし、結局エラーで固まることが多い。有料なのに…

➡Office 365 Soloを約半額で購入【3000円引き+サイバーマンデーセール】

 

復旧方法

エックスサーバーでバックアップファイルから復旧する方法

 







サイト運営
わたしらしく