バックアップを取る方法【WordPress&エックスサーバー】



ここではエックスサーバーでの操作方法を記載していますが他社サーバーでもやり方はほぼ同じです。

バックアップをすべき時はこんな時です。

  • WordPressを更新する前
  • プラグインを更新する前
  • テーマをアップデートする前
  • 記事が溜まったらその都度

中でも、Wordpress を更新する前のバックアップが重要。
WordPressを更新しないまま、プラグインとテーマを一気に更新したら開かなくなった例も見受けられます。

必ずバックアップを取り、プラグインを一旦全て停止してから更新します。

バックアップ

バックアップは二通りあるのですが、必ず両方のバックアップをとります。
(片方だけだとほとんど意味がありません)

データベース(MySQL)

投稿文、管理画面の設定、ユーザー情報、ウィジェットのデータなど。

データベース構造 – WordPress Codex 日本語版

Webデータ

WordPress・テーマ・プラグイン・画像などのデータを指します。

データベース(MySQL)をバックアップする方法

1.phpMyAdminからダウンロード

phpMyAdminの開き方と構造の基礎(MySQL)

phpMyAdmin を開いたら該当の MySQL ユーザー名→「エクスポート」をクリック。
基本的にはこのまま「実行」をクリックすると sql ファイルがダウンロードされます。

2.サーバーパネルからダウンロード

サーバーパネルの「MySQLバックアップ」をクリックしたら「現在のMySQLをダウンロード」を開きます。

1つづつダウンロードをしていきます。尚、表示されるデータベースの数は人により異なります。

ただし、データベース1つの容量が 5GB を超えている場合はダウンロードエラーになりますので、その場合は phpMyAdmin からダウンロードする必要があります。

Webデータをバックアップする方法

FTPでバックアップをとります。

【FTPソフト】インストール&接続方法。FileZilla(フィルジラ)

向かって右側に「リモートサイト(サーバー)」が表示されます。

フォルダを右クリックしてダウンロードします。
もしくは、デスクトップにドラッグ&ドロップすると簡単です。

※エックスサーバーのバックアップ機能

参考までに記載しておきますが、
この機能は「1週間分」しかバックアップできないので、個人的には緊急時用かな・・と思っています。
(不正アクセスなどでサイトが壊れたけど最近のバックアップは取っていない時など)
SQL は含まれていないので別途「MySQLバックアップ」から取ります。

サーバーパネルの「バックアップ」をクリックします。

7日分の全てのフォルダをバックアップしたい場合は、「手動バックアップデータ→ホームディレクトリ」の「作成とダウンロード」をクリックすると、tar.gz 形式で圧縮されたファイルがダウンロードされます。
(個別のダウンロードも可能)

保管

複数の場所で保管すると安心です。
日付を入れたフォルダーにまとめて入れておくと分かりやすいかと。

私はDドライブと Google ドライブ(無料分15GB)に保管してあります。

【エックスサーバー】バックアップファイルから復旧する方法