20年乗った車を廃車にしたら超大変だった

車中泊しまくった20年乗った愛車を廃車にしました。初年度登録は平成11年でした。

次の車検は今年(平成32年)でしたので、正確には21年乗ったことになります。

「こりゃ買い替えなきゃダメだな」と思い始めたのが3年前の2017年。時々ABS(アンチロック・ブレーキ・システム)が点灯したので修理屋さんに聞いたら「電子回路が逝っているかも。ディーラーでないと直せないから修理代は結構かかる。どちらにせよ古いので買い替えた方が良い」と言われたものの、欲しい車種が見つからず放置していました。

騙し騙し乗っていましたが、意味不明なバッテリー上がりも増えましたし、ちょうど良さげな車を見つけましたので買い替えました。

【納車】ハイブリッドの試乗車を安く買いました

【基本】廃車に必要な書類

申請書、所有者の委任状(自分で手続きを行う場合は不要)、ナンバープレート。場合によっては譲渡証明書も必要になります。

自動車検査証

略して「車検証」

自賠責保険証明書

自動車リサイクル券

2005年(平成17年)に施工された制度。私は2006年の車検時に支払いました。

印鑑登録証明書

実印

《車買取》無料一括査定。愛車を一番高く売るなら♪

【追加】車検証の住所が現住所と異なる場合

5年以内の転居であれば住民票を提出すればOK。しかし、転出から5年が経つと法令上消除されますので「戸籍の附票」の発行が必要になります。戸籍の附票にはその戸籍が作られてから除籍されるまでの住所が記録されています。

kaoleft
遠方への転居が多かったことにより良かれと戸籍も移動。そのことによりますます複雑に

◆戸籍謄本・抄本を遠方から取り寄せる方法

過去の戸籍を取得

横着な私は、何回も転居&転籍をしていたのに手続きをしていませんでしたので、車を登録した20年前から現在に至る履歴を一気に証明することとなりました。

「戸籍の附票」だけで済めば良かったのですが、戸籍がコンピューター化された後の戸籍は「改製原戸籍」となり戸籍の附票すら取れなくなります。その時期は市町村によります。この場合は「戸籍が廃棄されました」という証明「廃棄済証明書」が必要になります(この廃棄済証明書がまた曲者で改製原戸籍も一緒に取得しないといけない市町村もある)。

こんな風に戸籍を取得していきました。

もし戸籍を忘れた場合は、現在から順番に取得していけば必ず過去の戸籍にたどり着くことができます。

kaoleft
私は忘れていた戸籍があってびっくり(役所の人が教えてくれました)。この際なので全て改製原戸籍も取得して一覧にしておきました。これで遺族も安心
住民基本台帳法施行令の一部改正(令和元年6月20日施行)により、戸籍の附票の保存期間が5年間から150年間に変更になりましたが、改正前に保存期間が経過したものについては戸籍の附票は交付できません。

理由書を記載

決まった用紙はありません。私は自分で作成しました。今までの住所を日付入りで全て記入します。日付が分からない場合は空白で良いかと思いますが正確には分かりません。

良かったらどうぞ→理由書.pdf

最後に、氏名の横に印鑑証明で使った実印を押します。

かかった費用

戸籍代で8,000円くらい。廃車費用はかかりませんでした、というか「リサイクル券」があれば理論上はタダになるはず。

廃車・買取なら引き取り・手続き無料の「廃車ラボ」

書類を車の中古屋さんへ送付

実は車を買ったところも遠いという(長崎)。書類一式をレターパックで送りました。

後書き

廃車というよりも戸籍の取り寄せが超大変でした。

単に「以前の戸籍を取り寄せたら良いだろう」と思っていたら大間違い。ハラ戸籍だの、消除により戸籍が消え「廃棄証明」だの、馴染みのない単語が飛び交い本気で頭が疲れました。更には、市町村によって金額もやり方も異なるという。同じ日本なのに統一感がなく不思議でした。日本遅れてるー。

役所から電話で「原戸籍も請求してくれないと廃棄証明は出せない」と言われ定額小為替を送り直したのはちょっと腹が立ちました。あらかじめ電話で確認したのに!。

【納車】ハイブリッドの試乗車を安く買いました


タイトルとURLをコピーしました