Google Chromeを今よりも高速化!軽くする/設定方法

Google Chrome ウェブブラウザ
Google の最先端技術を搭載し、さらにシンプル、安全、高速になった Chrome をご活用ください。

 

 

最新のChromeを使う

Chrome画面の右上のアイコンをクリックし、「設定」をクリックして開きます。

 

「Chromeについて」に「Google Chromeは最新版です」と表示されていればOKです。基本的には自動的に更新されます。

 

flags設定で高速化

隠し機能「flags」を各種設定することにより、Chromeの動作を速くすることができます。

ただし「警告: 試験運用版の機能です」となっています

 

アドレスバーに「chrome://flags」と入力→エンターキーを押します。

項目により、Default(デフォルト)、Enabled(有効化)、Disabled(無効化)のいずれかを選択することができます。

 

以下、設定項目になりますが、Chromeのバージョンにより異なる場合があります。

Simple Cache for HTTP

Default➡Enable

キャッシュのチェックを高速化。ウェブページの表示速度を向上させることができます。

Experimental QUIC protocol

Default➡Enable

QUICプロトコル。対応サーバーではレスポンスが速くなります。

Number of raster threads

Default➡Enable

画像処理数を設定することができます。最大数「4」を推奨。

Smooth Scrolling

Default➡Enable

ページのスクロールがスムーズになります。

Hyperlink auditing

Enable➡Disableで無効にする。

ハイパーリンクにpingを送信する手順を省くことができます。

Only Auto-Reload Visible Tabs

Default➡Enable

今開いているタブ以外の自動再読み込みを中止します。

Automatic Tab Discarding

Default➡Enable

使っていないタブのメモリを解放。尚、フォームに入力中の内容は消えてしまいます。

FontCache scaling

Default➡Enable

ウェブフォントの個々のダウンロードを防ぎ、既にあるフォントのキャッシュを代用。

Scroll prediction

モバイル向き

Default➡Enable

指の位置から次の操作を予測します。

GPUを使用する

※グラフィックボードがないパソコンの場合は、設定しないほうが良いと思います。

Override software rendering list

画像処理の際にGPUを優先。

GPU rasterization

画像変換(ラスタライズ)をGPUで行う。

Accelerated 2D canvas

キャンバスの2Dの処理をGPUのハードウェアアクセラレーションで行う。

再起動

画面右下にある「Relaunch」ボタンをクリックすると、Chromeが自動的に再起動されます。

 

キャッシュと履歴を削除

Chrome画面の右上のアイコンをクリックし、「設定」をクリックして開きます。

  1. 下の方に書かれてある「詳細設定」をクリック
  2. 「プライバシーとセキュリティ」の「閲覧履歴データを消去する」を開く

 

データを消去したい項目はお好みで。

ただし、Cookieを消去すると二段階認証などはやり直しになるので、Chromeは滅多に消去していません