フェスティバルホールでクラシック!式典ミュージック大阪公演に行ってきました

婦人フォーマルウェアの東京イギンが贈るオーケストラコンサート。

「これはすごい式典ミュージック大阪公演(PDF)」

フェスティバルホールに行ってきました。

 

当選

 

東京イギンのフォーマルを購入したら申し込みハガキをもらいました。

 

当たり!2通送ったのですが相方の分はハズレ。

  • 5月18日(大阪公演)は800組
  • 5月28日(東京公演)は600組

 

フォーマルウェアはしょっちゅう買うものではないので、当選確率は高かったかと。

 

当日チケットと交換。2階席でした。1枚定価8,000円。

 

館内

 

赤いじゅうたんが印象的な大きな階段。

 

階段を上ると入り口。エスカレーターもあります。

 

オーケストラに相応しい内装。豪華で優雅。吹き抜けが星空のよう。

座席も赤を基調としていて素敵でした。

 

2階席は見やすかったです。

しかし、左右の座席だったせいか前の人の頭がちょっと邪魔でした。

1階の後方よりは良かったと思います。バルコニー席もいいなー

3階席もあります。

座席表

 

演奏前の様子。

 

「天井から音が降り注ぐ」と称される造り。柔らかい音でした。

 

服装

 

ビルボードとはまた違った路線でした(当たり前か)。

見るからにお金持ちぽい人が多かったです。着物の女性もいました。

どちらかというと高級ホテルに宿泊する際の装い。

男性ならジャケットや襟の付いたシャツ、女性ならワンピースやスーツなどが良さそう。

 

それではセットリスト

 

歌劇「ムラダ」より「貴族たちの行進」

ニコライ・リムスキー=コルサコフ

戴冠式行進曲「王冠」

ウィリアム・ウォルトン

「親愛」「皇室讃頌の音楽」

芝 祐靖

Amazon | 芝祐靖の音楽 オーケストラ作品集 幻遙(げんよう) | オーケストラ・アンサンブル金沢、十束尚弘指揮 | 交響曲・管弦楽曲・協奏曲 | 音楽
芝祐靖の音楽 オーケストラ作品集 幻遙(げんよう)が交響曲・管弦楽曲・協奏曲ストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。

歌劇「予言者」より「戴冠式行進曲」

ジャコモ・マイアベーア

「祝典序曲」

ドミートリイ・ショスタコーヴィチ

20分の休憩

「皇帝円舞曲」

ヨハン・シュトラウス2世作曲

舞踏への勧誘

カール・マリア・フォン・ウェーバー

幻想交響曲より第2楽章「舞踏会」

エクトル・ベルリオーズ

スラブ行進曲

ピョートル・イリイチ・チャイコフスキー

キティちゃんご登場

後述。

アンコール曲

 

感想

 

ここだけの話「せっかく当たったしフェスティバルホール行ったことないし」ということで行ってきました。

指揮者の齊藤一郎さんによると「東京イギンさんはどちらかというと衣装にお金をかけるのですが、今回は衣装代は控えて編成を増やした」とのこと。通常の編成を知りませんので何とも言えませんが…

とても良かったのですが、相方は1曲目が始まって速攻で寝ていました。寝ては拍手で起きるの繰り返し。それを横目に私も寝ました。特に日本の歌「親愛」「皇室讃頌の音楽」は子守歌。

きっと良い演奏だから寝れる

チャイコフスキーのスラブ行進曲は良かった。聞き覚えがあるせいか相方も起きていました。

 

しかし「ハローキティとのコラボ商品を出した」とのことで、最後にキティちゃんと女性が登場したのですが、めっちゃ白けた。会社の都合なので仕方ありませんがね。

↓コラボ商品はコサージュなど。

 

キティちゃんはどこにいるかというと「裏」。表から見えないのに意味あるのかな?