リンクをクリックしたら偽のウイルス警告が出てきました。Reimage Repair

ライブドアのインテリア関係の某ブログの画像リンクを開いたら出てきました。偽ウイルスってまだあるんですね。

 

 

Windowsセキュリティシステムが破損しています
ご注意 : Windowsセキュリティによってシステムが壊れていることが検出されました。ファイルは: 0 秒で削除されます
必須: 下の[更新]ボタンをクリックして、最新のソフトをインストールしてスキャンし、ファイルが保護されていることを確認してください

 

続いて「Windows製品に対するサポート」というもっともらしい画面。

 

 

サイト名は「Reimage Repair – 私のパソコンの速度を上げてください」という不思議な日本語。

 

 

評価欄もありました。なんと星5つ。ですがリンクはありません。

 

 

本文の日本語もおかしい。

 

一度でもコンピューターがウイルスに感染すると、もう元のコンピューターとは違います。ウイルス対策ソフトでウイルスを除去した後でも、その副作用に悩まされ続けることがよくあります。技術的には、ご自分のコンピューターはもう感染していないかもしれませんが、それはエラーが起こらないことを意味する訳ではありません。ウイルスを単純に除去することが、実際にはシステムを傷つけることもあります。

 

偽警告や詐欺サイトの見分け方

 

日本語がおかしい

あるべき場所にリンクが張られていない

 

対処方法

 

セキュリティーソフトを導入する

ウィルスを100%感知して削除する訳ではありませんが、入れていないよりはマシ。

安易に「更新」「ダウンロード」などのバナーをクリックしない

インストールしない

無視してブラウザを閉じる

記憶にないファイルは開かない&削除

クリックしなくても感染の恐れがあるウイルスがあります。日経NETWORK

  1. Wedサイトのリンクにカーソルを当てる
  2. 自動的にPowerPoint文書ファイルがダウンロードされる
  3. ファイルをダブルクリックで開くとPowerPointが起動
  4. 文書内のリンクにカーソルを当てるとウイルス実行

 

「ウィルスに感染したかも?」と思ったら

 

余計なことはせず取りあえずパソコンの電源を落としましょう。

 

リンク先URLのチェックできるサイト

 

 

でもあまり役には立たないかも。

トレンドマイクロの結果は「安全」だったので。

 

 

ソースネクストのウイルスセキュリティーZEROを使っています

 

ウイルスバスターが重くて困っていたのですが、ウイルスセキュリティーZEROにしてから快適になりました。

  • 更新料0円
  • インストールした機器の変更も可能
  • 動作は軽い

 

 

「他のウイルスソフトより劣る」と評判ですが、必要に応じてちゃんと警告画面は出てきますし、Windows7以上にに搭載されている「Microsoft Security Essentials(ダウンロード)」でもPCは保護されます。併用していますので今のところ問題はありません。