プラグインContact Form 7をお問い合わせページのみ読み込んでWordPressを軽くする



プラグイン Contact Form 7は、そのままの設定だと全てのページでJavaScriptとCSSを読み込み、WordPressが遅くなる原因にもなるので、設置してあるページだけ読み込むようにしました。

Contact Form 7の設置方法

まずは、functions.phpにこのコードを追記します。

add_filter( 'wpcf7_load_js', '__return_false' );
add_filter( 'wpcf7_load_css', '__return_false' );

次に、footer.phpにこのコードを追記します。
(「message-form」のところはご自身のContact Form 7を設置しているURLのスラッグに変更)

<?php if( is_page(array('message-form')) ): ?>
<?php
if ( function_exists( 'wpcf7_enqueue_scripts' ) ) { wpcf7_enqueue_scripts(); }
if ( function_exists( 'wpcf7_enqueue_styles' ) ) { wpcf7_enqueue_styles(); }
?>
<?php endif; ?>

※テーマCocoonの場合は「footer-insert.php」

ちなみに以前はこちらのコードを使っていました。

function cf7_limitation() {
add_filter( 'wpcf7_load_js', '__return_false' );
add_filter( 'wpcf7_load_css', '__return_false' );
if( is_page( 'message-form' ) ){
if ( function_exists( 'wpcf7_enqueue_scripts' ) ) {
wpcf7_enqueue_scripts();
}
if ( function_exists( 'wpcf7_enqueue_styles' ) ) {
wpcf7_enqueue_styles();
}
}
}
add_action( 'template_redirect', 'cf7_limitation' );

参照:Contact Form 7の読み込みをお問い合わせページのみに制限する方法 – Qiita

参照:必要な場合だけ JavaScript とスタイルシートをロードさせるには | Contact Form 7 [日本語]