お問い合わせフォーム「Contact Form 7」の使い方&メールが届かない時の対処方法【WordPressプラグイン】

個人事業主・中小企業向けWordPressテーマ Emanon Business

コンタクトフォームを設ける

 

WordPressのプラグイン「Contact Form 7」を導入します。

プラグイン→新規追加→「Contact Form 7」で検索→今すぐインストール

 

インストールしたら、表示されたショートコードを、お問い合わせフォームを設けたい場所に貼り付けると表示されます。

 

カスタマイズ

 

タブ「メール」欄にこんな風に入力しておくとエラーを防ぐことができます。

  • 送信者:ご自分のメールアドレス
  • 送信元:[your-name] <wordpress@ご自分のドメイン>
  • 題名:お問い合わせ:[your-subject]
  • 追加ヘッダー:Reply-To: [your-email]
これでもエラーになる場合はこちらをご覧ください。

送信者の情報を得る

 

タブ「メール」の下の方にある「メール本文」に追記します。

  • IPアドレス:[_remote_ip]
  • UA:[_user_agent]
  • ページタイトル:[_post_title]
  • URL:[_post_url]
  • 日付:[_date]
  • 時間:[_time]

 

迷惑メール防止

 

「チェックボックス」を設けるとスパム防止になります。

フォームに「[acceptance accept-this-1] 内容をご確認の上チェックを入れてください [/acceptance]」と入力すると反映されます。

もしくは、「承諾確認」からも設定できます。同意条件に「内容をご確認の上チェックを入れてください」などとお好きな文面を入れて保存をクリックします。

 

この設定により、チェックを入れないと送信できなくなります。

 

他にも「reCAPTCHA」などのプラグイン導入も有効ですが、あまりプラグインは増やしたくありませんので、今のところはチェックボックスのみで対応しています。

 

スパム・迷惑メール防止対策

 

設定→ディスカッション→「コメントブラックリスト」内に弾きたい単語やIPを入力すると、それらの単語を含んだコメントや問い合わせを弾くことができます。

 

たとえば、こんな単語を登録しておくと、コメント欄やメッセージに書かれても送信できません。

 

この時に表示される文章は、タブ「メッセージ」から自由に変更することができます。

 

フォームを設定したら確認する

 

実際に送信して、ちゃんと届くかチェックします。

 

メールが届かない場合

 

レンタルサーバーのメールアカウントを利用するとメールが届くようになります。

エックスサーバーの場合は、サーバーパネルの「メールアカウント設定」から設定します。

 

「メールアカウント追加」からメールを作成します。

 

「メールアカウント一覧」に戻り、メールの転送設定を行っておくと便利です。

ですが、万が一の時はメールが消えてしまう恐れがありますので、「メールボックスに残すかどうかの設定」は「残す」にしておきます。

 

ついでに、迷惑メール設定を行っておくと安心です。

 

後書き

 

他にも、様々なカスタマイズ方法があります。

興味のある人はこちらからご確認をお願いします。

企業サイトや人気サイトの運用実績多数!
月額800円(税抜)~の高スペックレンタルサーバー「ヘテムル」