エックスサーバー Cron キャッシュ自動削除設定を整理整頓



何気にエックスサーバーの「Cron設定」を開いたらびっくり。

なんと20個もの「キャッシュ自動削除」が設定されていました。

原因は「WordPress簡単インストール」。「キャッシュ自動削除」がデフォルトでONになっているのですが、大して気にせずONのままインストールを続けた結果「20個のキャッシュ自動削除」が完成。

お名前.comでテストドメインを1円で取得してWordPressのテストをしたり、「WordPressをインストールしたけどおかしくなったので削除して再インストール」をしたことがあるのですが、Cronのキャッシュ自動削除は消えないんですね。知らんかった。

まずは不要な設定を削除

同じドメインの設定が4つも5つもあったり…

毎日毎日、大して更新していないサイトを「6時6分・7時10分・7時23分・7時50分」の計4回もシステムを動かしてキャッシュ削除とか何をやっているんだろう。

1つを残して後は削除しました。次のページで「削除する」をクリックすると削除されます。

キャッシュ自動削除を設定したい場合

「Cron設定追加」に必要事項を入力します。
あまり更新しないサイトであれば月に1回程度でも十分かと。

コマンドはこちら(ドメインはご自分のドメインに変更)

find ドメイン/public_html/wp-content/cache/* 
-type f -mtime +3 -not -name '*.php' 
-not -name '*.jpg' -not -name '*.css' 
-exec sleep 0.01 \; -print 2>/dev/null | xargs -r rm

Maildirフォルダーの意味が分かった

Cron設定でエラーになった場合などに「Maildir」フォルダが自動生成されデータが保存されるとのこと。
Cronを削除するとデータは自然に消えます。