ドメイン取得の際にはWhois情報公開代行設定をお忘れなく

Whois情報公開代行を設定していないと、住所・氏名・電話番号・メールアドレスなどの個人情報が駄々洩れとなります。ドメインを取得してサーバーに情報を登録したら、念のためWhoisでチェックしておくと安心です。

Whoisは個人的には「DomainWatch」が見やすい

エックスサーバーでWhois登録情報設定を行うとこんな感じに表示されます。

しかし、もし設定を間違えると、Registrant(ドメイン所有者)の情報が全て自分の情報になります。考えただけでも恐ろしい。

Admin(ドメイン管理者)の情報も同様。Technical(ドメイン技術担当)も然り。

大昔にムームードメインで取得したドメインで名前など筒抜けになっていて慌てふためいたことがある

それと、ちょっと話は反れますが、以前にお問い合わせフォームから「Whoisでおまえの住所を特定した!待ってろ!」的なメールが届いて呆気に取られたことがあります。まさかグランフロント大阪のエックスサーバー(株)まで行ったんでしょうかね。お気の毒です。

Whois設定は基本的に無料

しかし、お名前.comの場合は、ドメイン新規登録の際に同時に「Whois情報公開代行」を行わないと1年980円かかることになります。この場合は、大人しく支払うか、ドメインを解約して他のドメインに移行するしかないかと。

ドメインがロックされているか確認する

Whoisに「clientTransferProhibited」と表示されていれば、ドメインの管理会社(レジストラ)がロックされていることになり、ドメイン乗っ取りなどを防ぐことができます。

Domain Status: clientTransferProhibited

しかし、たとえば「clientHold」と表示されている場合は要注意。この場合はドメインを使用することができませんし削除される恐れがあります。ドメイン情報認証を怠った場合にも表示されますので早急に手続きを行う必要があります。


タイトルとURLをコピーしました