【レビュー】データ復元ソフトEaseUS Data Recovery Wizard Pro



データ復元ソフト EaseUS Data Recovery Wizard Pro (データ リカバリ ウィザード プロ)

対応 OS は Windows、Mac、IOS、Android の4種類。
Windows版は、2GBまで復元可能な Free 版、Pro、Tech の3種類あります。

全形式のファイルに対応。画像や動画だけではなく、PDF や Outlook などのローカルメールにも対応しています。また、パソコン内だけではなく、外付けの SD カードなども復元することが可能です。

まずは無料版インストール

公式サイトの1番上にあるタブ「PCデータ復旧」→無料体験をクリックします。

下の方に「この種類のファイルはコンピュータに損害を与える可能性があります」と表示される場合がありますが、公式サイトからのダウンロードであればマルウェアはありませんので、気にせず「保存」をクリックします。

ダウンロードされた「DRW_Free_RSS_new_Installer」をダブルクリックします(数値は時期により異なります)。

「今すぐインストールする」をクリック。

インストール完了。「今すぐ始める」をクリックします。

右下のスキャンをクリックすると、ディスク全体のスキャンが行われます。

ごみ箱をスキャンしてみました。

全て削除したのにファイルがたくさんあってビックリ。

有料版を購入

Data Recovery Wizardの「Pro」を購入してみました。私が買った時は「今すぐ購入」で20%オフでした。

EaseUS®最高のデータ復旧ソフト – EaseUS Data Recovery Wizard Professional

スキャンと復元する方法

ハードディスクのCドライブをスキャンしたら1時間以上かかりました。

ファイルがずらずらと出てきました。

ファイルやフォルダー名が分かる場合は、右上の検索窓から検索できます。名前が分からない場合は、「フィルター」をクリックして、画像やビデオファイルなどを選択して検索すると便利です。

「フィルター→高度なフィルター」で更に詳細な検索が可能。

ファイルを探したら「右クリック→リカバリー/確認」、もしくはチェックを入れて右下の「リカバリー」をクリックします。

保存先は元の場所と異なるドライブにします。
この場合は C ドライブに入っていましたので D ドライブに保存しました。

尚、ファイルを元のドライブに保存しようとすると「すべてのデータの復元が困難になる可能性があります」と警告されます。

リカバリー完了!

結果

残念ながら、どんなデータでも復元できる訳ではありません。こちらはリカバリーできた一例。

こんな風に破損したデーターもありました。

はなっから確認(プレビュー)すらできないデータも。

デメリット

  • スキャンに時間がかかる
  • ファイルを探しにくい時がある
  • 全てのファイルを復元できる訳ではない

復元率は、紛失してから日が浅いデータであるほど高くなります。
それと、復元できる環境は人によって異なるかも。
私の環境では、ごみ箱のデータは全滅でしたが、デスクトップから消したデータが残っていました。

後書き

画像を大量に扱いますし、良く無くすのでEaseUS Data Recovery Wizardには助かっています。

カスタマーサービスがありますので、分からないことがあれば年中サポートを受けることができて安心。
購入後も「返金ポリシーによる30日間内の返金保証」があるのも好印象でした。

Amazonや楽天でも購入可能です。