画像に透かしを付ける方法【プラグインEasy Watermark WordPress】

Easy Watermark
Allows to add watermark to images automatically on upload or manually.

インストール

  1. プラグイン
  2. 新規追加
  3. Easy Watermark
  4. 今すぐインストール
  5. 有効可

 

設定方法

Easy Watermarkの「設定」をクリック

  • Auto Watermark Add watermark when uploading images画像アップロード時に自動的に付ける
  • Image Types画像のタイプ(jpeg、png、gif)
  • Backup Save original images to allow to restore them after watermark was appliedバックアップを取っておきたい場合はチェック
  • Image Sizes Thumbwatermarkを付けたい画像サイズにチェック
  • Watermark Typewatermarkのタイプ(画像、テキスト、画像+テキスト)
  • Jpeg QualityJpeg方式の場合の画質。数値が多ければ画質が良くなる。
  • Post Types付けたい投稿箇所にチェック(全て付けたい場合はSelect All)

 

画像をWatermarkにしたい場合

  1. Imageタブをクリック
  2. Select/Upload Imageボタンをクリック
  3. 画像をアップロード

 

テキストをWatermarkにしたい場合

「Text」をクリック

 

  • Watermarkに設定したい文字を入力
  • Text Alignment
    表示させたい場所をクリック
  • Text Offset
    余白の設定(0のままだと画像の端ギリギリになる)
  • Font
    書体
  • Text Color
    文字の色
  • Text Size
    文字の大きさ
  • Text Angle
    文字の角度
  • Opacity
    透過度(数値を下げるほど透明に近くなる)

 

試しに手動でやってみました

メディアライブラリの「Add Watermark」をクリックすると、設定した透かしを入れることができます。

 

バックアップの設定をしてある場合は「Restore original image」をクリックすると元の画像に戻すことができます。元のデータは「public_html/wp-content/ew_backup」に保存されます。

 

過去の投稿画像にWatermark

これがこのプラグインの最大の魅力。

「Start」をクリックすると過去の画像にウォーターマークを付けることができます。

  • Bulk Watermark
    Using this tool you can quickly apply watermark to all images in the Media Library.
    メディアライブラリィにある全ての画像にWatermarkを入れることができる
  • Restore original images
    Here you can remove watermark from all images by restoring the original image files.
    バックアップの設定をしてあれば元に戻すことができる

 

4483枚の画像に一気にWatermarkを入れてみました。

 

このように設定しました

  • Text Alignment:右中央
  • Text Offset:10
  • Font:Comic Sans MS
  • Text Color:#ffffff(白)
  • Text Size:25pt
  • Opacity:30%

 

右に薄っすらとマークが入っています。

 

透過性をとても低くしたせいか、このような画像だとWatermarkが見えにくい。

透かしはあまり主張しても格好悪いし盗られるし。悩みます。

 

なぜかWatermarkが付いていない画像もありました。

後から随時、手動で入れたいと思います。

現在はPhotoScapeで透かしを入れています







サイト運営
わたしらしく