戸籍謄本・抄本を遠方から取り寄せる方法

戸籍といっても「謄本、抄本、附票、廃棄済証明書」など色々ありますが、戸籍の原簿のある本籍地の役所でないと発行することができません。遠方の場合は郵送が便利。

先日「廃車の手続き」で取得しまくりましたので記録として残しておきたいと思います。

発行手数料

市町村によって異なる場合がありますが、戸籍謄本・抄本は450円、改製原戸籍謄本は750円、戸籍の附票は300円くらいになります。

◇全国最大級の探偵紹介サイト!街角相談所-探偵-

定額小為替証書を同封

支払いはゆうちょ銀行が発行する定額小為替証書で行います。記入はしないで同封します。

「50円、100円、150円、200円、250円、300円、350円、400円、450円、500円、750円、1000円」の12種類。1枚につき発行手数料が100円かかりますので「50円の為替を購入するためには150円かかる」ことになります。どうにかならないのかなあ。

ポイントとしては、金額がいまいち不明な場合は「定額小為替を多めに同封する」こと。お釣りは定額小為替で返してくれます。料金が足りないとまた為替を購入して郵送しないといけないので大変です。

交付請求書を同封(申請書)

便箋などに「本籍、筆頭者の氏名、生年月日、証明書の種類、通数、用途、提出先、請求者の住所、氏名、昼間の連絡先の電話番号、筆頭者との関係」を明記の上、該当の市町村の役所に送ります。

また、戸籍がある市町村のHPに「郵送用の交付請求書」があれば、それをプリントアウトして送ることもできます。

引用:東京都北区ホームページ

本人確認書類を同封

現住所が記された「運転免許証、健康保険証、住民基本台帳カード、在留カード、特別永住者証明書」のコピーを同封します。住民票の原本でも可能ですが1か月か3か月以内に発行されたものに限るようです。ただし、パスポートは本人確認書類には該当しません。

郵送

宛名を書いた返信用封筒を同封します。普通郵便でも送ることはできますが、誤配などで紛失すると支障がでますのでレターパックがおすすめ。2種類ありますがライトの方の370円で十分かと。速達並みの速さで到着するのに速達よりも安く、お問い合わせ番号で追跡もできます。戸籍は1週間ほどで送ってもらえます。

役所から電話

「婚姻などで戸籍謄本の取り寄せ」など単純な請求では電話はきませんが、相続や廃車など複雑な案件ではほぼ確認の電話がきますので、連絡のつく電話番号を必ず明記しておきます。

戸籍の豆知識

戸籍が請求できる人

本人と本人の配偶者、本人の直系の父母、祖父母、子、孫、同一本籍、同一筆頭者であれば委任状がなくても請求することができます。第三者の場合は委任状や正当な理由がない限り請求することはできません。

戸籍のホチキスは取っても良いのか?

2枚つづりの場合はホチキスでとめられていることが多いですが、外したら×です。

戸籍のことならこの1冊 [石原豊昭]

相続では生まれた時から亡くなるまでの戸籍が必要

婚姻などで戸籍を動かしている場合は、昔の戸籍を一覧にしておくと遺族が助かります。

戸籍と附票は市町村により随時書き換えが行われており(コンピューター化)、改製後の戸籍は「改製原戸籍」もしくは「改製原附票」となります。

元夫・元妻の戸籍は取れるのか?

元の筆頭者が転籍をしていない場合に限りますが、元夫・元妻は元配偶者の除籍者として取得することができます。ただし、元の筆頭者が転籍をした後でも自分の子供の記載があれば取得可能です。

尚、住民票は本人または同一世帯でなければ取得できませんので、普通はムリです。

どうしても他人の戸籍がほしい!

正当な理由がある場合に限り、弁護士に依頼すれば「第三者請求」として戸籍謄本を取得することが出来ます(単純な理由では通常は断わられるかと)。内容によっては行政書士や司法書士に依頼すれば取得できる場合もあります。

よって、ひと昔前は「探偵や興信所に依頼すれば他人の戸籍を取得」できましたが、現在ではムリだということが分かります。しかし、弁護士が所属する探偵会社ならできるかも?

◇原一探偵事務所


タイトルとURLをコピーしました