以前に8年使ったデジカメ 富士フイルムFinePix A610。一眼レフと画像比べ

平成19年(2007年)発売。

コンパクトデジタルカメラFinePix

当時25,000円くらいでした。

 

 

2015年にニコン COOLPIX S3700を購入するまで使っていました。

今でも電池を替えれば使用できます。

あちこち傷だらけ。

 

 

シャッターボタン部分は剥げています。

 

 

分厚いボディ。

 

 

電池式。単3形ニッケル水素電池にも対応しています。

最初は電池を充電して使っていたのですが、充電機が壊れてからはアルカリ電池を入れて使っていました。100枚ほど撮影したら電池がなくなりますので、たくさん撮影することはできませんでした。

 

 

「16MB」のxDピクチャーカード。

 

 

xDピクチャーカードは、スマートメディア(当初はSSFDCと呼ばれた)の後継として2002年に登場した。xDカードがなくなる? オリンパスと富士の方針転換に不安の声 – 日経トレンディネット2009年06月18日

 

写真を頻繁に撮るようになったのは最近です。特にこだわりもなく、ずっと16MBを使っていました。我ながらアリエナイ。

 

画像比べ

 

FinePix A610

640×480

 

 

 

一眼レフNikon D3100

4608×3072を640×480に圧縮。

 

 

 

一眼レフの方が温かみ・柔らかみがあり生き生きとしていますが、FinePix A610も見るに堪えないことはありません。

元の画像は一眼レフが圧倒的に美しいのですが、SNSやブログに載せる場合は圧縮しないといけません。スマホなど小さい画面であればあるほど気にならなくなると思います。

もちろん一眼レフの方がきれいですけど。

 

 

その前はCanon PowerShot A40

 

2002年発売49,800円

 

 

これは壊れたので現物はありません。

2006年まで使っていました。

 

主な仕様

 

有効画素数630万画素
動画320×240 30f 音声なし
寸法97.5×61.9×31.0
重量193g
オートフォーカスセンター固定AF