フロンティアBTOデスクトップPCレビュー

FRONTIERフロンティア
FRGAH370/WS11/NTK GA シリーズ。
4K対応の RTX2060 を搭載したゲーミング PC になります。

このスペックに色々と追加しました。

本体大きい!後日下取りしてもらった XPパソコン と比べると親子のよう。

本体背面にある端子はこんな感じ。USB 3.0(青色)も付いています。

本体を開けてみた

シールが貼ってある方を上にしてスライドさせます。

上下が逆になってしまいましたが…

CPU

「CPUは最新が良いな」と思ったので第9世代にこだわりました。
インテル Core i7-9700 プロセッサー (3.00GHz/8コア/8スレッド/12MB)

ベンチマークはこちらから

CPUグリス

標準にしました。ちなみに アイネックス ナノダイヤモンドグリス JP-DX1 を選択した場合は「プラス1,900円」と書かれてありました。

CPUファン

Nidec F90T12NS1F7-57J99A1

マザーボード

ASUSインテル H370チップセット。

メモリ

Crucial 32GB(16GB×2) PC4-21300(DDR4-2666) DDR4 SDRAM

スロットは計4つ。16GB→32GBに増設で+15,000円でした。ちなみに16GB→64GBで+45,000円。

SSD

インテル 660P SSDPEKNW 512G8 M.2 NVMe
はじめての SSD は立ち上がりが早くて感動。

ハードディスク

WESTERN DIGITAL WD20EZAZ-00GGJB0. 2TB SATA600 5400

グラフィック

NVIDIA GeForce RTX 2060 6GB【HDMI2.0 x1 / DisplayPort1.4 x3】
ゲームにも適しています。

電源ユニット

Enhance製 850W ATX電源 80PLUS GOLD (日本製コンデンサ仕様)
600W→850Wに増設したので6,000円プラスしました。

ケースファン

POWERYEAR製。

光学ドライブ

BTO パソコンは、CD や DVD を読み込む「光学ドライブ」は付いていないことが多いようです。
個人的には、デスクトップパソコンの場合は搭載した方が何かと便利かと。

「PIONEER Blu-ray Disc ドライブ (BDXL(TM) 書込対応)」で7,000円でした。
私は取り付け方は分かりませんし、お値段もそう高くなかったので付けてもらいました。

配線

普通にきれい。

修復(回復)ドライブの作成

32GB 以下の USB を使います。すぐに作成するのであれば 16GB でも十分です。

USB をパソコンに接続したら、アイコン「修復ドライブの作成」をクリックします。

「開始」をクリック。

完了!

作成した USB メモリはパソコンが壊れるまで使えますので大切に保管しておきます。

パソコンを購入したらすぐに回復ドライブを作成する【Windows10】

保証は1年間

故障した場合はセンドバック方式となります。
事前にお問い合わせの上、FRONTIER リペアセンターに商品を送付し、無償修理後送り返してくれるサービス。送料は相互負担。

オプションで長期保証を付けることもできます。

メリットとデメリット

他にも、Microsoft Windows 10 Home(Amazon)、WPS Office [30日無料体験版](要らない)、ウイルスバスター [90日期間限定版・要らない)が付いて17万円くらいでした。

良かった点

めっちゃ起動が早く、快適に使えます。
スペックが高いパソコンを安価で書いたい場合は BTO に限ります!

悪かった点

ファンがうるさいです。OneDrive アプリを削除したら結構マシになりましたが。

買った当初は暑かったせいか1日中工場にいるかのようでしたので、後日、机の下に移動させました。

FRONTIERダイレクト