【FTPソフト】FileZillaのインストール&接続方法

 

FileZilla(フィルジラ)インストール

いつものようにFileZillaの公式サイトからダウンロードしたら、導入しているZEROウイルスセキュリティがウィルスを感知したので「FileZilla プロジェクト日本語トップページ – OSDN」からダウンロードすることにしました。

 

下の方にある「FileZilla_Client 3.38.1」をクリック(数値は今後変わる可能性があります)。

 

すると、9個のファイルが表示されました。

「通常は.exe形式のインストローラをダウンロード」と記載がありましたので、「FileZilla_3.38.1_win32-setup.exe」もしくは「FileZilla_3.38.1_win64-setup.exe」で良いかと(Windows32bitと64bitの違い)。

 

ダウンロードされたインストローラ「FileZilla_3.38.1_win64-setup.exe」をダブルクリックします。

 

「I Agree」(同意する)をクリック。

 

「FileZilla」を使う人を選択して「Next」をクリック。

  • 「Anyone who uses this computer (all users)」(このパソコンを使うすべてのユーザー)
  • 「Only for me(ユーザー名)(私だけ)」

 

基本的にはこのまま「Next」でも良いかと。デスクトップアイコンが必要な場合はチェックを入れてください。

 

FileZillaを保存する場所を指定します。

 

セットアップが完了しました。「Finish」をクリック。

 

インストールされました。OKをクリック。

 

場合によっては「アップデートの確認」が表示されますので「新しいバージョンをインストール」をクリックします。

 

FTPソフトが起動しました。

 

 

FileZillaの使い方

左上の「ファイル→サイトマネージャー」をクリック。

 

「新しいサイト」をクリックします。「新規サイト」の文面はそのままでも、ご自分が分かりやすい言葉を入力してもどちらでも大丈夫です。

 

ホスト、ユーザー、パスワードを入力します。

 

ホスト名などは、エックスサーバーの場合、サーバーの申し込みをした際に送られてくるメール「【Xserver】■重要■サーバーアカウント設定完了のお知らせ (試用期間)」に記されています。

 

「プロトコル→FTP-ファイル転送プロトコル」「暗号化→明示的な FTP over TLS が必要」「ログオンの種類→通常」を選択したら「接続」をクリックします。

 

「パスワードを保存しますか?」の画面が表示されます。保存しない方が安全だと思いますが…お好みで。

 

サーバーの証明書に関する確認画面が表示されます。チェックを入れて「OK」をクリックします。

 

「ディレクトリ リストの表示成功」と表示され、サーバー上のファイルが表示されていたら接続成功です。向かって右側が「リモートサイト(サーバー)」、左側は「ローカルサイト(パソコン内)」になります。







サイト運営
わたしらしく