Multiplex広告を設置してカスタマイズ【Googleアドセンス】



Googleアドセンスの関連コンテンツは「Multiplex 広告」と名称が変わり、広告のみが表示されるようになりました。

2022年3月1日より、関連コンテンツ ユニットには広告のみが表示されるようになり、名前も「Multiplex 広告」に変更されます。

Multiplex広告を作成する方法

広告→「Multiplex 広告」をクリック。

任意の広告ユニット名を入力し、右下にある「作成」をクリックすると完成。
広告サイズや文字の指定もできますが、このままの方が良いかと。

コードの貼り付け場所

HTMLサイト

<body></body>タグの間にコードを貼り付けます。

WordPress

ウィジェットを使って貼ると便利です。AMPページにはAMPコードを貼り付けます。

広告が表示されるまでの時間

すぐに表示されましたが、一向に表示されないページもあります。
アクセスが少ない記事は表示されないのかも。悲しい…

Multiplex広告をカスタマイズする方法

この方法は「レスポンシブ対応の Multiplex 広告ユニットをカスタマイズする方法 – Google AdSense ヘルプ」に準じてはいますが、変更される場合があります。

これらのオプションのサポートは終了しました。これらのオプションを使用して Multiplex 広告をカスタマイズすることは可能ですが、すべての状況で引き続き機能するかどうかは保証されません。

基本形は、PC 縦2行 横4行

モバイルは縦に10行くらい。横は1行。

数を変更する

行数を3にした場合。

*****の部分はご自身のデータに置き換えます。

  • 「data-matched-content-rows-num=”3″」は縦3行を表す
  • 「data-matched-content-columns-num=”3″」は横3行を表す
<script async src="https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js?
client=ca-pub-****************" crossorigin="anonymous">
</script>
<!-- pbad -->
<ins class="adsbygoogle"
style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-****************"
data-ad-slot="************"
data-matched-content-rows-num="3"
data-matched-content-columns-num="3"
data-matched-content-ui-type="image_stacked"
data-ad-format="autorelaxed"></ins>
<script>
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
</script>
</center>
<br>

テキストの上に画像を配置

大きめの画像が表示されるので気に入っています。

広告コードに data-matched-content-ui-type="image_stacked" パラメータを追加します。

<script async src="https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js?
client=ca-pub-****************" crossorigin="anonymous">
</script>
<!-- pbad -->
<ins class="adsbygoogle"
style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-****************"
data-ad-slot="**********"
data-matched-content-ui-type="image_stacked"
data-matched-content-rows-num="5"
data-matched-content-columns-num="1"
data-ad-format="autorelaxed"></ins>
<script>
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
</script>

画像とテキストを横に並べる

広告コードに data-matched-content-ui-type="image_card_sidebyside" パラメータを追加します。

<script async src="https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js?
client=ca-pub-****************" crossorigin="anonymous">
</script>
<!-- pbad -->
<ins class="adsbygoogle"
style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-****************"
data-ad-slot="************"
data-matched-content-ui-type="image_card_sidebyside"
data-matched-content-rows-num="4"
data-matched-content-columns-num="1"
data-ad-format="autorelaxed"></ins>
<script>
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
</script>

テキストの上に画像を配置してカード内に表示

広告コードに data-matched-content-ui-type="image_card_stacked" パラメータを追加します。

<script async src="https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js?
client=ca-pub-****************" crossorigin="anonymous">
</script>
<!-- pbad -->
<ins class="adsbygoogle"
style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-****************"
data-ad-slot="************"
data-matched-content-ui-type="image_card_stacked"
data-matched-content-rows-num="3"
data-matched-content-columns-num="1"
data-ad-format="autorelaxed"></ins>
<script>
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
</script>

テキストのみ

こういうのもシンプルで良いですよね。

広告コードに data-matched-content-ui-type="text" パラメータを追加します。

<script async src="https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js?
client=ca-pub-****************" crossorigin="anonymous"></script>
<!-- pbad -->
<ins class="adsbygoogle"
style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-****************"
data-ad-slot="************"
data-matched-content-ui-type="text"
data-matched-content-rows-num="4"
data-matched-content-columns-num="1"
data-ad-format="autorelaxed"></ins>
<script>
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
</script>

表示できる最大数

30のようですが貼り付ける場所にもよるようです。

行数と列数の設定にはいくつかの制約があります。Multiplex 広告ユニットに表示できる広告の合計数は 1~30 個です。表示しようとしている広告の数が 1 個より少ない場合や 30 個より多い場合は、Multiplex 広告ユニットには何も表示されません。
レスポンシブ対応の関連コンテンツ ユニットをカスタマイズする方法 – AdSense ヘルプ

関連コンテンツを止めたら収益が増加した