【Googleアナリティクス】グローバルサイトタグとトラッキングIDの設定方法



Google アナリティクスにサイトを登録することにより、読者(ユーザー)のページビューの数などを把握することができます。
また、アナリティクスを先に登録しておくと、自動的に「サーチコンソールでサイトの所有権の確認」が可能となるので楽です。

Google Analyticsを登録する方法

左下にある「管理」→「アカウントを作成」をクリックします。

アカウント名の欄に自分で分かりやすい名前を付けて「次へ」をクリック。

ご自分で分かりやすいプロパティ名を入力し、
国などを選択して「次へ」をクリック。

業種、ビジネスの規模などを選択したら「作成」をクリック。
(ビジネスでない場合は適当に選択すれば良いと思います。他に選択肢ないですし)

日本であれば「日本」を選択し「GDPR で必須となるデータ処理規約にも同意します」にチェックをして「同意する」をクリック。

次のページで、通常のサイトであれば「ウェブ」をクリック。

サイトの URL とストリーム名を入力し「ストリームを作成」をクリックします。
尚、右横にある設定マークをクリックすると拡張計測機能を設定することができます。

私はこんな風に設定しました。

ページビュー数だけ分かれば良い場合は、他の項目はオフにすると良いです。

次の画面で「グローバル サイトタグ(gtag.js)」をクリックするとコードが表示されます。

グローバル サイトタグを貼り付ける場所

表示されたコードを <head> の先頭に貼り付けます。

HTML 形式のサイト

全てのページの <head> の先頭になります。

WordPress

テーマの指定の場所に貼り付けます。

Cocoonは子テーマの「head-insert.php」

Luxeritasは子テーマの編集の「Headタグ」

アナリティクスにデータが反映される

最初は「0」ですが、

数日経つとデータが反映されるようになります。

Google AnalyticsトラッキングIDを取得したい場合

トップページに戻って「管理→プロパティを作成」をクリック。

プロパティ名などを設定したら「詳細オプションを表示」をクリック。

ユニバーサル アナリティクスのプロパティの作成をオンにして、サイト URL を入力して、「ユニバーサル アナリティクスのプロパティのみを作成する」にチェックを入れて「次へ」をクリック。

業種などを選択して「作成」をクリック。

UA から始まる「トラッキング ID」が作成されました。

トラッキング IDを貼り付ける

WordPress テーマによっては、このトラッキング  ID を入力することにより Analytics のデータを得ることができます。この場合は「グローバル サイトタグコード」は外します。

Search Consoleのサイトの所有権が反映された

「サイトの所有権」が自動で確認され、数日経つとデータが反映されるようになります。

Google Analyticsをアドセンス&サーチコンソールと連携する方法
Search Consoleでサイトの所有権を確認する方法