アドセンス狩り。コードの無断転載を防ぐ。Google AdSense審査合格後に必ずすべきこと

Google AdSense
Google AdSense では、オンライン コンテンツから収益を得ることができます。

 

世の中には「アドセンス狩り」というものがあります。

 

「アドセンス狩り」とは、悪意のある第三者が意図的に、

  • アドセンスの不正クリック
  • ポリシー違反のサイトへアドセンスコードを無断転載

を行い、アドセンスを利用できなくさせることを言います。

 

当ブログは弱小の中の弱小。

狙われるようなことはないでしょうが、一応対策を講じました。

 

アドセンスの不正クリック

 

Google側も対策を講じていますので、必要以上に恐れる必要はありません。

 

Google はサイト運営者様と広告主様の双方の利益を守るため、Google 広告のクリックインプレッションを慎重に監視しています。具体的には、システムによる自動検出とスタッフによる審査の両方を実施して広告のクリックとインプレッションをすべて分析し、広告主様の費用やサイト運営者様の収益を作為的に増加させる不正な操作がないかどうかを調べています。AdSense ヘルプ

 

ですが、自己防衛は必要不可欠です。

 

クリック数を確認する

 

  1. Google AdSense
  2. パフォーマンスレポート
  3. クリック数

 

 

もし異様にクリック数が増加していたら要注意。

場合によっては、Googleへ連絡(相談)した方が良いかもしれません。

無効なクリックの連絡フォーム

 

コードの無断転載

 

アドセンスコードは「広告を設置してあるページを右クリックしソースを表示させる」ことにより誰でも簡単に見ることができます。

悪意のある人にポリシー違反のサイトなどにコードを無断転載される危険性があります。

 

右クリック禁止は無駄

 

URLの前に

view-source:

と入力すればソースを表示することができます。

 

もしくは、コントロールキーCTRLuをクリック。

また、JavascriptをOFFにすることにより、右クリックの解除が可能です。

 

広告表示許可サイトを設定

 

  1. Google AdSense
  2. アカウント
  3. 設定
  4. サイト
  5. ドメインの右横にあるマークをクリック
  6. 「サイトの認証」をクリック

 

 

緑色に表示をさせると「確認済みのサイト」になります。

これでコードを無断で使われても大丈夫です。

 

 

スマホアプリでもチェック

 

広告を表示するサイトを設定しておけば、アドセンスコードを無断転載されても問題ありませんが、不正クリックを完全に防ぐ方法はありません。

今後は、旅先でもアプリで確認したいと思います。

 

 

プラグインGoogle Authenticatorでセキュリティを強化。WordPressで二段階認証