東日本大震災。仮設住宅が今もあるとは思いませんでした

2011年(平成23年)3月11日から8年が経ちましたが、いまだに残る仮設住宅。

 

イオン南相馬ジャスモールに寄った時に見かけました。

 

車が止まっているということは、現在もお住まいなのかと。

 

以前よりは入居者数は減りましたが…

 

応急仮設住宅・借上げ住宅・公営住宅の進捗状況(入居状況)の資料(PDF)を見ると、地震直後の平成23年には約3万人、令和元年5月31日時点で222人の方が入居されているのが分かります。

災害公営住宅はほぼ完成しているのですが、ご高齢などの理由で転居しにくい方がおられるようです。

1.災害公営住宅とは
災害公営住宅は、災害により住宅を失い、自ら住宅を確保することが困難な方に対して、安定した生活を確保してもらうために、地方公共団体が国の助成を受けて整備する低廉な家賃の公営住宅です。(PDF)

 

この地震はテレビで見ていても恐ろしかった。

 

特に津波は怖い。これがきっかけで私は海に入れなくなりました。

実際に被害に遭われた方々は、相当なストレスとショックを受けたかと思うと胸が痛みます。

 

書籍「3YEARS 復興の現場から、希望と愛を込めて」の「何がどこまで進んだの?」

福島の人はとても大らか。道路でも決して煽らないし、ご自分が優先道路なのに譲ってくれるし(※茨城もそうでした)。

喋りも静かな人が多かったです。温泉で騒々しい人がいたので振り返ると「なんでやねん/せやねん」の関西人で溜息ついたり。

以前の暮らしに、というより、以前よりもっと良い生活ができることを願っています。

タイトルとURLをコピーしました