ヒロセ通商のLION FXを口座開設してみました!FXの買い方

FXは楽天証券を使っているのですが、ヒロセ通商の優待がきっかけでどうしてもヒロセ【LION FX】で取引してみたくなり、ようやく口座開設となりました。

2019年オリコン顧客満足度FX取引「第1位」

 

書類はレターパックで送られてきました。

ログインとアプリ

ログイン画面で「会員ログイン」をクリックすると、アプリをダウンロードする画面が出てきます。

とりあえずPCで取引するので「おススメを使う」をクリックしました。

 

Windows版とMac版がありますので、環境に応じて選択したら「ダウンロードはこちら」をクリック。

すると「この種類のファイルはコンピューターに損害を起こす可能性があります」などと表示される場合がありますが、公式サイトからのダウンロードであれば、気にせずクリック。

 

インストール

「次へ」をクリックしていきます。

 

アプリログイン

 

会員証に書かれてある「ユーザーID」と「パスワード」を入力します。

 

いきなり白を基調とした画面とは珍しい。見やすい。

ちなみに、この白い画面は「伝説のホワイトライオン2.0」と呼びます。

 

右上にある「設定→デザインの設定」から「グロリアス・ライオン・ゴールド」を選択すると黒い画面。

 

スポンサーリンク

 

クイック入金

お金がないと取引できませんので、まずはクイック入金。

 

Web画面が開きました。

 

ネットバンキングがない場合はATMから入金します→詳細はこちらから

楽天無料
ジャパンネット54円
三井住友最大108円
みずほ最大216円
SBI無料
セブン無料
りそな無料
三菱UFJ無料
じぶん無料
イオン無料
ローソン無料
ゆうちょ無料
出金手数料は無料!

 

楽天銀行からクイック入金してみました。

 

即座に反映されました。

 

設定

右上にある「設定→デザインの設定→詳細オプションの設定」で更新間隔を0.2秒に変更してみました。まあ実際にはそう変わりませんけどね…

「通貨ペア表記」は日本語にしました。やはり日本語の方がさっくり頭に入ります。

 

チャートはこんな感じに設定。

いつも一目均衡表にしてMACDを参考にしています。

 

注文方法

外国為替証拠金取引(FX)の買い方を簡単にご説明。

注文画面は左側の方にあります。

 

買いは別名「ロングまたはAsk」、売りは「ショートまたはBit」と呼びます。

ヒロセでは1,000通貨(=0.1Lot)から注文することができます。

スリップ・スリッページとは、約定時の値段の差額のことです。クイック注文の時に有効です。たとえばスリップが100なら「100の差額が出ても良いです」ということになります。私はできるだけ0に近い数値に設定しています。

 

クイック注文だと即座に買えて便利ですが、大概は指値注文で売買しています。大まかに値幅を予測できる場合は指値注文は有効です。仕事をしながらでも利益を生むことができます。

注文方法はFX業者によって若干異なります。

ヒロセ【LION FX】の場合、指値注文は「IF-DONE注文」になります。

  1. 注文
  2. 買いか売りを選択
  3. 通常/IFで買い値を入力
  4. 決済DONEで売り値を入力

 

最近は0.1Lot注文ができるFX業者が増えました。初心者の方は最初は0.1Lotの売買を繰り返して操作に慣れてくださいね。くれぐれも慣れてもガバッと買わないように!追証が待っています。操作マニュアル

 

買いで30Lot注文したら+960円になりましたので「注文→決済もしくは全決済注文」から決済しました。

スクショを撮っていたら利益が840円になりました

 

ちなみに、Webでチャートを見ると(チャート→LION Basic)こんな感じ。

見やすいですし、ここからも注文はできます。あとはお好みで。

 

スマホアプリ

 

左上にあるアイコンから様々な設定が可能です。

クイック入金などもサクッとできます。

Push通知などは、雇用統計などでいちいちドヒューンと鳴るので全てオフにしました。

 

チャートは一目均衡表だと分かりにくい感じ。

 

クイック注文をONにするとこんな感じ。

 

下部にある「クイック注文」をクリックで、通常の大きい画面も出すことができます。

 

左上のアイコン→注文で、前述した指値注文「IF-DONE注文」や時間指定なども可能です。

 

スポンサーリンク

 

後書き

 

FXアプリ/ソフトで最も大切なことは「自分にとって使いやすい」ことだと思います。

スプレッドなどは、それほど気にしなくても良いかと。

何より利益を上げよう

 

現在は、楽天外為GMODMM、そしてヒロセも、米ドル/円のスプレッドは0.3銭となっています。

ただし、米ドル/円以外は違いがある通貨もあります。たとえば、人気のトルコリラはヒロセ1.7銭ですが、楽天では6.8銭となっています。

スプレッドとは売値と買値の差。すなわち取引手数料のことを指します。スプレッドが0.3銭の場合は1,000通貨で3円、10,000通貨で30円の手数料がかかることになり、これがFX業者の利益となります。

 

取引単位も業者により違いがあり、楽天外為GMO、そしてヒロセも0.1Lot(1000通貨)ですが、DMMは1Lotからとなっています。

アプリの立ち上げ速度は、環境にもよりますが、どこも早いと思います。

ただし、アプリはアップグレードで一時的に使い勝手が悪くなることがありますので、常に「自分にとって使いやすいアプリ」を見極めることが大切かと思います。

ヒロセが他社と最も異なる点はキャンペーンがあることでしょうか。

応募条件は取引通貨により異なります。

実はお目当てはキャンペーン

キャッシュバックも目当て!

ぼちぼち稼いでいきたいと思います!

タイトルとURLをコピーしました