画像の盗用を防ぐ方法と対策

➡また画像をパクらました。画像の盗用を見つける方法

盗用を防ぐ

1.画像に透かし(ウォーターマーク)を入れる

画像にwatermark(透かし)を付ける方法 Easy Watermark

 

2.画像を縮小する

縮小することにより、加工して転載されにくくなります。

 

3.画像のURLにドメインを入れる

盗用する人はアドレスの変更すらも面倒らしく、すぐに分かります。

 

4.Exif情報を埋め込む

画像を右クリック→プロパティ→「詳細」タブ

画像を複数範囲選択→右クリック→プロパティ→詳細→手入力で情報を埋め込んでいます。

先日購入した「Nikon一眼レフD5500」は著作権情報機能があり、1度設定すると自動的に付記され便利でした。

 

5.右クリック禁止

HTMLのbody要素に次のように書きます。

<body oncontextmenu="return false;">

ですが、JavaScriptを無効にすれば回避できますし、URLの前に「view-source:」を入れればソースを見ることができるので無駄かと。

当サイトではChrome拡張機能Pumpkin’s Right Click EnableでがんがんJavascriptをオフにしています

 

画像をインデックスさせない

GoogleやYahoo!などの検索エンジンに、画像を表示させないようにします。

ただし、画像が消えるまで日にちがかかりますし、完全にインデックスさせないのは難しいかと。

1.WordPressのダッシュボード

「サイトURL/wp-admin/options.php」と開きます。

「image_default_link_type」欄に「none」と記載し、1番下にある「変更を保存」ボタンをクリックします。

 

2.Googleサーチコンソール

URL削除ツールから設定できます。

確認済みのプロパティからサイトを選択→「一時的に非表示にする」→画像のURLを入力し続行ボタンをクリックします。

参照➡URL 削除ツール – Search Console ヘルプ

 

3.robots.txtで指定

画像検索のクローラーを弾くことにより、Googleの検索結果に表示されなくなります。

User-agent: Googlebot-Image
Disallow: /

robots.txt ファイルを作成する – Search Console ヘルプ

ページ上の画像が Google 検索結果に表示されないようにする – Search Console ヘルプ

 

 

記事丸ごとパクリ対策

1.検索エンジンに通知

プラグインPubSubHubbubを使います。

「このサイトがオリジナル(元)である」ことをGoogleに認識させることができます。

 

2.RSSフィードの変更

ダッシュボード→設定→表示設定

  • RSS/Atomフィードで表示する最新の投稿数を減らす
  • RSS/Atomフィードでの各投稿の表示を「抜粋のみを表示」へ変更する

 

直リンクを防ぐ

.htaccessを編集して直リンクを禁止!サイトパクリ防止

 

後書き

経験上、画像にウォーターマークをしっかり入れて、.htaccessを編集して直リンクをさせないようにするのが1番効果があると思いました。

まあ、ウォーターマークを入れていてもパクる人はパクりますけどね…あはは…







サイト運営
わたしらしく