梅雨の時期はお香・アロマで爽やかに。今回の大阪地震で猛省。火災の危険性

 

香炉は「ちとせ窯 有水武則さん」の作品になります。

このお香(お線香)は、青森ヒバの精油を練り込んだものです。天然の清涼感ある香りが心地良く、特に梅雨の時期に炊くと、じめじめとした不快な空気が一掃されます。虫よけ効果もあります。

 

 

ですが・・・今朝の大阪の地震で気が付きました。震度4になると消すのは難しい。もし震度6だったら?ほぼ無理でしょう。

たまたま今回は燃え尽きた後に地震がありましたし、倒れることもありませんでしたが、「もしまだ火が付いていたら」「もし火が付いたまま転倒したら」と考えるとぞっとします。

 

火の元は小さいので大丈夫だとは思うのですが絶対ではありません。これからはシンクの中で炊くことにします。これならひっくり返っても大丈夫。

 

 

(でも家が潰れたら火災の元になるかもしれませんけどね。必要以上に考えると何もできなくなりそうなのでこのくらいにしておきます)

 

 

他にも白檀や堀川など国産のお香を集めています。ヒバでなくても虫よけに効くので毎日玄関でも炊いていたのですが、もう止めます。

仏壇にお供えしたお線香も気をつけないとまずい時があるかも。気を付けるに越したことはありませんね。

 

住宅火災・住宅内救急事故事例集
お墓にお供えするお線香から山火事 | 西照寺ブログ
こんばんは 副住です。 薬を服用し、昨日まで安静にしていたこともあってか、今日は蕁麻疹が治まっています。 安心してはいけませんが、今日は築地本願寺で大事な会議があったので、行って来ました。 さすがに身体が疲れているようで、一日ダルさを感じながら、さきほど帰宅しました。 蕁麻疹を発症する前、背中〈特に首のつけ

 

 

置き場所は出窓のタヌキの横。

このタヌキさんも落ちたら割れますよね・・・置き場所を考えないと。