湯の峰温泉にある宿「伊せや」に宿泊してきました

 

湯の峰温泉(公衆浴場)を向かって右隣に位置しています。

元々は江戸時代創業の老舗旅館。

2011年に発生した台風12号の影響で廃業したものの、2015年に営業を再開しました。

館内は4階建てでエレベーターはありません。

 

お部屋

 

 

新館特別室。二間続きの広い和室でした。

 

 

全て6畳~12畳の和室。

一律料金のため、どのお部屋になるかはその時によります。

 

 

布団敷はセルフ。

 

 

洗面所・トイレなどは普通。

「湯治場だから」との理由でテレビなし&冷蔵庫なし。

 

 

アクセサリー入れ。

 

 

お風呂上りは窓に腰かけてボケー。

 

 

目の前には「旅館あづまや」やバス停があります。

温泉街を上から眺めるのは乙なもの。

 

 

温泉

 

浴室内の画像は公式サイトからの借り物です。

先ずは内湯。熱すぎて入れませんでした。

ボディソープやシャンプー類は備え付け。カランからの湯の出は悪かったです。

 

 

露天風呂は女性風呂のみ。男性は内湯だけですが女性客がいない時は入れるようです。

大きな湯の花が舞っていて「とても良さそう」だったのですが、ここも激熱。

 

 

ちょうど入ってきた外国人も「熱い熱い」で入れず。

続いて入ってきたアフリカぽい外国人も「熱い熱い」。

3人で共謀してホースを引っ張り出し加水しました。

しばらくして入りましたが本当に熱かった。冗談抜きで45℃はあったと思います。

 

尚、普段は「常に41.5℃から42.0℃に保っている」ようです。

たまたま温度調整し忘れたのか知らんけど疲れた

 

このことをスタッフに言ったのですが「湯の峰温泉は熱いものです」とかで薄笑い。

(これだから初めての人は困る)といった表情にも見えたので「公衆浴場にも入りましたけど」と言ったら少し焦っていました。

 

日帰り入浴もできます。

  • 大人600円
  • 小学生以下300円
  • 混雑時は不可

 

スポンサーリンク

食事

 

 

外の景色を楽しみながら食事をすることができます。

 

 

仕出し弁当でした。説明書きには「夕食(1200円税抜)・朝食(800円税抜)のワンプレートのお食事」としか書かれていませんでしたので、一瞬「は?」と思ってしまいました。

夕食。これに熱々のご飯とお吸い物。

 

 

瓶ビールを注文。

 

 

朝食は7時から。まあ美味しかったです。

 

 

感想

 

特に女性の露天風呂は湯の花いっぱいで評判が良いのですが、この日は熱くてホースで加水。

初めての経験にとても疲れました。

食事は仕出し弁当。「1泊2食付きで1万円ほど」なので納得できるのですが「食事は仕出し」と明記してほしい。いきなり弁当を出されると引きます。

確かに、ワンプレートと言えばワンプレートですが軽く騙された気分。

なんで書かないのかなー

経営方針は良く言えば合理的な印象。

この界隈は料金が高めなので「安価で宿泊して雰囲気を味わいたい」場合におすすめします。

1人客も泊まれます。

 

アクセスなど

無料の専用駐車場から徒歩3分

湯の峰温泉の駐車場の前、「民宿 あづまや」の奥の方にあります。

マイカーでない人はバスが便利

新宮駅、紀伊田辺駅からバスが出ています。

旅館あづまや」前の「湯の峰温泉 バス停」で下車。バス時刻表はこちら

健脚人は「熊野古道 中辺路 赤城越コース」

発心門王子の辺りから赤木超分岐を通り、湯の峰温泉まで下っていきます。

6.7km。所要時間は2時間。

PDF

  • チェックイン16:00
  • チェックアウト10:00
湯の峰温泉の温泉旅館・ホテル一覧 【楽天トラベル】
熊野詣での湯垢離場として栄えた歴史と伝統の温泉。開湯は113年、成務天皇の時代と伝わり、小栗判官伝説でも名高い。シンボルは一日7回色が変わるといわれる「つぼ湯」と湯筒。掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。Copyright(C)2010 Shobunsha Publications,Inc. All right
タイトルとURLをコピーしました