咳が2週間も続いたので耳鼻科へ@初!喉頭ファイバースコープ検査

2週間も咳と痰が止まらず、そうこうしているうちに黄色の鼻が出てきたので

致し方なく耳鼻科へ行ってきました。

耳鼻科は嫌

必ず鼻に何かを突っ込まれるので、行くだけで冷や汗がでます。

医師が鼻の中をさくっと見て、まず言われたのが「アレルギー性鼻炎」。

一言で言えば「花粉症」。

 

アレルギーを緩和するスプレー

しつこくスプレーされました。

地味にかゆし「いつ突っ込まれるか」怖いし、とても嫌でした。

 

喉頭ファイバースコープ検査

しつこいスプレーが終わり、ホッとした矢先に「カメラで中を見ますね」と言うやいなやファイバースコープを鼻に突っ込まれました。承諾なしにいきなり「喉頭ファイバースコープ検査」。

たぶん鼻の奥の方に入れたと思うのですが、奥に入るにつれ痛い痛い。涙目。

先生はカメラを入れながら「赤いなー」とか「あーこりゃ蓄膿のなりかけだなー」などとほざいておっしゃっていますが「あ゛ー」しか言えませんでした。

↑ファイバースコープの画像は「かつらはら耳鼻咽喉科のメニュー – 電子ファイバースコープ(保険…/阪南市下出|エキテン-569464

太さは3mm程度のようですが痛かったです(激痛ではない)。

抜く時は痛くありませんが、管の刺激でくしゃみ連発でした。

 

副鼻腔のCT検査

結果は先生のご想像通り「蓄膿のなりかけ(副鼻腔炎)」でした。

花粉で刺激を受けて弱っているところに、細菌の感染で咳が出て、ちょっと悪化したみたい。

医師の字はなぜ読みにくいのか

処方

左から「クリアナール錠(咳を出しやすくする)」、「アモキシシリンカプセル(抗生物質)」「オーグメンチン配合錠(抗生物質)」。

かゆみをしずめる「プラデスミン配合錠」

咳がひどい時に飲む「フスコデ配合錠」。

多いなー薬でお腹いっぱいになる。

そして、スプレータイプの点鼻薬「コールタイジン」。鼻が通るようになります。

効き目はすごかった。

翌日鼻がかゆくない!くしゃみが出ない!天国!

ですが、抗生物質の副作用として腹痛と下痢がひどかったので、薬を飲んでいる間は外出は控えていました。ついでにお酒も控えていました。お酒は鼻というか粘膜には悪いそうです(止めないけど)。

処方箋には「腹痛、下痢が現れた時はすぐに医師にお知らせください」と書かれてありますが、また診察を受けるのは面倒なので放置。飲み終わったら自然と治りました。

お会計は全部で8,000円くらいでした。風邪なんか引くもんじゃないですねー