角松敏生 TOSHIKI KADOMATSU Performance 2013 ”Kadomatsu Plays The Guitar vol.2” ビルボード大阪

TOSHIKI KADOMATSU Performance 2013 “Kadomatsu Plays The Guitar vol.2”

角松さんのためだけにClub BBL会員!

 

ネット申し込みのため午前11時前からパソコンにへばりつき、整理番号ひとけたGet

 

約1000円の高級ビール(高い!)

 

スペイン産ハモンセラーノとグリッシーニ980円。美味しかった。

 

角松さん、ご登場

角松さんが本当に目の前で涙ぼろぼろ。拍手で我に返った。

マイクを介さない生声が時折聞こえ倒れそうだった。

黒っぽいスーツの胸にはダイヤっぽいキラキラしたピンを挿し、左腕には大きめのブルーの水晶ブレスレット、黒の革靴。見るからに私より白くて小さな手。

52歳とは思えない~若いし笑顔が可愛い。穴があくほど見とれていた。

 

「長い新曲」と題した新曲もこれまた。20分以上あったらしいが全く長く感じない。

 

その隣では、これまた大好きな本田さんがサックス吹いてるし。まさに夢のような空間。

ふと気が付くと本田さんはフルート吹いたりピアノ弾いたり。

楽器なんでも出来るんですね。さすがです。

 

インストゥルメンタルの意味。弾き続ける理由。

シンガー・ソングライターでありギタリスト、そして音楽プロデューサー。音楽性だけではなく、活動形態も多彩な角松敏生が、あえてテーマをギターに絞り込み、インストゥルメンタルを中心としたステージを見せる「Kadomatsu Plays The Guitar」が帰って来る。6月に行われるビルボードライブ東京・大阪での公演を前に、角松自身が語るセットリストの一端とニューアルバムの構想。そしてインタビューは、演奏をし続ける根源的な理由にまで話が及んだ。

Billboard JAPAN

セットリスト

  1. The Visitor
  2. SEA LINE
  3. MIDTOWN
  4. (新曲)
  5. Night Birds
  6. AIRPORT LADY(インストゥルメンタルステージだが昨年に「なぜ歌わないのですか?」と言われたので)
  7. Midsummer Drivin’
  8. OSHI-TAO-SHITAI
  9. Fantasy

出演者

  • 角松 敏生(Guitar, Vocals)
  • 本田 雅人(Saxophone)
  • 森 俊之(Keyboards)
  • 鈴木 英俊(Guitar)
  • 山内 薫(Bass)
  • 玉田 豊夢(Drums)