LANケーブルをカテゴリ5→7に変えたら回線速度が速くなった

LANケーブルはモデムからパソコンや周辺機器につなげるコードです

 

フロンティアのBTOパソコンを購入したのですが、LANケーブルが足りないことに気が付き、調べてみたら「カテゴリ5」を使っていました。

ケーブルにもランクがあったとは

 

カテゴリ5e。かれこれ10年使っているような。

 

こちらのコードは線が剥き出しになっています。ひどい。

 

そして極めつけは「カテゴリ5」。カテゴリ5eは速度1Gbpsまで対応しているのでまだ良いのですが、「カテゴリ5の最大通信速度は100Mbps」なので、どうがんばってもスピードは出ません。

我ながら最悪

今まで何をやってたんだろ

 

カテゴリ7のLANケーブルを購入

サンワサプライCAT7ウルトラフラット

3m、2m、0.5mを買って、ルーターと終端装置の間も全て交換しました。

色は黒でフラットタイプ。

厚さは1.9mm。

1番長いもので15mあり、フラットなので別の部屋まで引くことも可能。

MCOミヨシ極細スリム

速度の結果が良かったので(後述)相方のLANケーブルも交換しました。

サンワサプライで統一させたかったのですが、売り切れでしたので止むを得ず購入。特に問題はありませんでした。

 

速度比較

コントロールパネル→ネットワークとインターネット→ネットワークと共有センター→「イーサネット」をクリックします。

 

以前の速度は100Mbpsでしたが、1.0Gbpsになりました。

 

Network Speed Testでも元々「非常に高速です」と表示されていましたが…

 

「ダウンロードは約50→90」「アップロードは約20→50」になりました。

体感的には大きな違いはありませんが、ネット表示がシャキ!とした感じがします

 

後書き

数値が大きいほど通信速度は速くなります。

 

カテゴリ8のLANケーブルもだいぶお手頃価格になってきました。

ですが、まだまだ高いといえば高いですし、機能的にもカテゴリ7で十分かと思います。

尚、カテゴリ7は耐ノイズ性能にも優れています。

カテゴリ840Gbps
カテゴリ7A10Gbps
カテゴリ710Gbps
カテゴリ6A10Gbps
カテゴリ61Gbps
カテゴリ5e1Gbps
カテゴリ5100Mbps

 

何年も使えるものですので、個人的にはメーカー物を買った方が良いかと。