LINEの引き継ぎ方法!トーク履歴の引き継ぎが簡単になりました

以前は、スマホの故障や買い替えなどで機種変更をした際に、LINEトークをKeepやパソコンでバックアップして復元していたのですが、上手くバックアップできた試しがありませんでした。

今回のバージョンアップでとても簡単になってびっくりです。

トークの引き継ぎができるのは同じOS間のみ
同じOSであればLINE連動アプリやLINEコイン,Pay,ポイントなども引き継げるようになりました

下準備

「LINE→設定→アカウント」から電話番号、メールアドレス、パスワードを登録します。

トークのバックアップにはGoogleドライブを利用しますので、メールアドレスはGmailが無難です。

 

バックアップ

設定→トーク

 

「トーク履歴のバックアップ・復元」をクリック。

 

LINEによるリクエスト。下の方にある「許可」をクリック。

 

「Googleドライブにバックアップする」をクリックするとバックアップされます。

 

スポンサーリンク

 

アカウントの引き継ぎ

設定→アカウント引き継ぎをクリック。

 

アカウントを引き継ぐをONにします。

 

このまま引き継ぐ場合は「OK」をクリック。

 

36時間以内に引き継ぎます。

 

新しいスマホにLINEをインストールします。

 

電話番号の認証などを行った後、「アカウントを引き継ぎますか?」と表示されます。

「アカウントを引き継ぐ」をクリック。

 

「メールアドレスでログイン」をクリック。

 

メールアドレスを入力→ログインすると「友だち追加設定」の画面が表示されます。

自動的に友だち追加したくない場合は「OFF」のまま「次へ」。

間違って友だち自動追加した場合は、速攻でアプリをアンインストールすれば取りあえず大丈夫です

 

トークの復元

設定→トーク→「トーク履歴のバックアップ・復元」を開きます。

 

トークをバックアップしたGoogleアカウントを選択したら、「トーク履歴を復元」をクリックします。

これでトークの復元完了

 

今回買い替えたAQUOS SH-M05に簡単に復元することができました

 

スポンサーリンク

 

個別にバックアップしたい場合

復元はできませんが、思い出のあるトークをテキストファイルで残しておくことができます。

トーク画面→右上のアイコン→設定をクリック。

 

「トーク履歴を送信」をクリック。

 

送信したい共有先を選択します。

 

Gmailの場合はこんな感じに添付されます。

 

ついでにセキュリティ対策

設定→プライバシー管理→情報の提供や広告の設定でOFF設定にしておくと、LINEへの無用な情報提供を防ぐことができます。

LINE Beaconは使い方によっては便利ですが、勝手にクーポンが送られてくるので、鬱陶しい人はOFF推奨です。

タイトルとURLをコピーしました