AMP対応!バリューコマースのLinkSwitchを導入しました

スポンサーリンク
手間なく、らくにマネタイズを実現『LinkSwitch』
サイトに掲載されているすべての直リンクを、アフィリエイトリンクに自動で切り替える機能が『LinkSwitch(リンクスイッチ)』です。直リンクをコンバージョン率の高いアフィリエイトリンクに自動で一括切り替えすることで、らくにマネタイズが可能になります。

 

バリューコマースのLinkSwitch機能を導入してみました。

記事に直接リンクを書くだけで、アフィエイトリンクに早変わりする便利な機能です。

サイトに掲載されているすべての直接リンクを、アフィリエイトリンクに自動で切り替える機能が『LinkSwitch(リンクスイッチ)』です。➡LinkSwitch

 

スポンサーリンク

 

広告主と提携する

バリューコマースを登録後(無料で使えます)、掲載したい広告主が「LinkSwitch対応」しているか確認します。

 

もしくは、上にある「広告」→詳細検索→「LinkSwitch利用可能」にチェックを入れて検索することもできます。

 

プログラム右横にある「広告素材を選ぶ」をクリック。

 

「同意」をクリックして提携します。

尚、瞬時に提携される広告主と、「提携待ち」となる広告主があります。

 

LinkSwitchコードを貼る

バリューコマースツール→「LinkSwitch」→「LinkSwitch設定

コードが表示されます。

 

コードを<head>~</head>内(header.php)に貼り付けます。

LinkSwitch IDはご自身のIDに変更してください。

<script type="text/javascript" language="javascript">
var vc_pid = "「LinkSwitch ID」";
</script><script type="text/javascript" src="//aml.valuecommerce.com/vcdal.js" async></script>

 

Cocoonの場合は「header-insert.php」に貼り付けます。

  1. 外観
  2. テーマの編集
  3. 子テーマ(Cocoon Child)
  4. tmp-user
  5. head-insert.php
  6. <!–?php //ログインユーザーも含めてカウントする場合は以下に挿入 ?–>の下に貼る

 

一見、何も変わっていないように見えますが、マウスカーソルを当てると画面の下の方にバリューコマースのURLが表示されています。

 

スポンサーリンク

 

AMP対応のLinkSwitchタグを貼る

AMPに対応させたい場合は、別途AMP対応タグ(コード)を2つ貼り付けます。

 

<head>~</head>内に貼り付けるコード。

<script async custom-element="amp-link-rewriter" src="https://cdn.ampproject.org/v0/amp-link-rewriter-0.1.js"></script>

 

<body>~</body>内に貼り付けるコード。LinkSwitch IDはご自身のIDに変更してください。

<amp-link-rewriter layout="nodisplay">
<script type="application/json">
{
"output": "https://lsr.valuecommerce.com/ard?p=${vc_pid}&u=${href}&vcptn=${vc_ptn}&s=SOURCE_URL&r=DOCUMENT_REFERRER",
"vars": { "vc_pid": "「LinkSwitch ID」", "vc_ptn": "ampls" }
}
</script>
</amp-link-rewriter>

 

AMPでは反映されたのか?

当サイトの環境では、反映はされましたが、残念ながらAMPエラーとなりましたので外しました。

【AMPエラー】バリューコマースLinkSwitchを修正

スポンサーリンク
AMP サイト運営
スポンサーリンク
わたしらしく
タイトルとURLをコピーしました