Luxeritasのアップデート

Luxeritas Theme | SEO最適化、レスポンシブ、高カスタマイズ性、とにかく速い、無料の WordPress テーマ
Luxeritas はSEO最適化済み、レスポンシブデザイン、高カスタマイズ性にも関わらず、Webページを高速に表示するための仕組みを満載した、無料の WordPress テーマです。

バージョンアップ。「いつかやろう」と思いつつ後回しにしていました。気が付くと、親テーマはバージョン3.3.1.1に。子テーマは3.0.0に。両方アップデートしないといけない。大変そう。

まずはバックアップ

バックアップを取る方法【Wordpress&エックスサーバー】

 

ルクセリタスの管理画面からバックアップ

※子テーマ更新時のみ

  1. Luxeritas
  2. バックアップ
  3. 「Luxeritas 全カスタマイズのバックアップとリストア」の「全バックアップ」をクリック
  4. 「Luxeritas 外観カスタマイズのバックアップとリストア」の「外観のバックアップ」をクリック

 

更に下の方にある項目。「子テーマのバックアップ」をクリック。

 

3つのファイルがバックアップされました。

 

カスタマイズした内容をバックアップ

子テーマを更新すると追記したcssや広告スクリプトなどは全て消えますのでバックアップを作成します

Luxeritasの「子テーマの編集」をクリック。

 

テキストエディタ(サクラエディタなど)で保管します。

  • style.css
  • Javascript
  • Head タグ
  • フッターアクセス解析 (body)
  • アクセス解析 (head)
  • functions.php
  • AMP 用スタイル

 

ウィジェットなどをバックアップ

※子テーマ更新時のみ(⇦特に必要ありませんでしたが、テーマを変更する時に役立ちます)

アドセンスや楽天ウィジェットのコードなどは調べれば分かるのですが、全て調べて記載するのは結構時間がかかります。この機会にバックアップフォルダーにまとめておくと、いざという時に便利です。

 

本体(親テーマ)

アップデート用のテーマをダウンロード

Luxeritas アップデート用テーマ | Luxeritas Theme
Luxeritas アップデート用のテーマです。 使い方は、Luxeritas のアップデート方法 を参照してください。 ※ 注意: このテーマで、子テーマのアップデートはできませ...

アップデート用のテーマをインストール

本体(親テーマ)用になります。Luxeritas Update Theme

 

解凍などは必要ありません。そのままの状態でアップロードします。

  1. 外観
  2. 新規追加
  3. luxeritas-update-101をインストール

 

「有効化」をクリック。

 

そうするとサイトはメンテナンス中になります。「現在メンテナンス中のため、しばらくの間ご利用いただけません」

アップデート用のテーマはインストールしたままにしておきます。後々、親テーマをアップデートする時に操作の手間が省けます。

 

Luxeritas親テーマ・子テーマをダウンロード

ダウンロード | Luxeritas Theme
・本体 ・子テーマ(設計仕様上ほぼ必須) All in One SEO Pack・Yoast SEO は入れない方が良い。どうしても使いたい人は Luxeritas やめた方がい...

 

本体(親テーマ)をインストール

解凍などは必要ありません。そのままの状態で本体(親テーマ)からアップロードします。

  1. 外観
  2. 新規追加
  3. 本体(親テーマ(luxeritas-3311)をアップロード
  4. インストール

 

親テーマが有効になりました。

 

子テーマを削除

子テーマを削除しないとアップロードはできません。ちなみに、子テーマがないとこんな風に間が抜けたページが表示されます。

 

子テーマをインストール

  1. 外観
  2. 新規追加
  3. 子テーマ(luxech-300)のアップロード

 

有効化。

 

これで親テーマ・子テーマのアップデートはひとまず完了。この後、管理画面からバックアップした分を復元&追記していきます。

 

リストア(復元)

  1. Luxeritas
  2. バックアップ
  3. 「Luxeritas 全カスタマイズのバックアップとリストア」の「全てリストア(復元)」をクリック
  4. 「Luxeritas 外観カスタマイズのバックアップとリストア」の「外観のリストア(復元)」をクリック

 

当サイトの場合は97項目の設定が復元されました。

 

追記したcssや広告スクリプトなどを復元

テキストエディタでバックアップしたcssなどを手作業で貼りつけていきます。

  1. Luxeritas
  2. 子テーマの編集
  3. 各種項目に貼りつけ

 

まとめ

意外と簡単。テーマを変更する時と手間はそう変わらないように思いました。最も重要なのはバックアップ。これが1番時間がかかります。DIYで言うならば「養生」ですね。「手間はかかるがこれさえやっておけば安心」。

余談ですが、CSSはWordPressの更新時などに消える場合があります。これを機にバックアップを作成しておくと安心です。

◆エックスサーバー







サイト運営
わたしらしく