モリサワに似ている?M+ FONTSを導入しました

フォントには全く興味がなかったのですが、モリサワフォントが動画編集ソフトPowerDirectorに入っていたことがキッカケで良いなあと思いました。

 

でも、モリサワフォントは「1年契約PC1台で49,800円」と高額なので、新ゴUぽい感じの「M+フォント」をPCにインストール。結構インストールに手惑いましたので記録がてら記事にしました。

◆公式サイト

 

ダウンロード

公式配布サイトから「mplus-TESTFLIGHT-063a.tar」をクリックします。

 

すると、こんな画面が表示され、tar.xzファイルがダウンロードされます。

 

Lhaz(らず)をインストールする

tar.xzファイルを解凍するために使います。

7-ZipやWOFFコンバータも試したのですが、やり方が悪いのか全然できませんでした。やっぱりインターネット黎明期からあるLhaz!

 

https://chitora.com/からダウンロードします。サイトが混雑していて開かない時もありますが、他のサイトからダウンロードするとマルウェアがくっついている場合が多いので「https://chitora.com/」からダウンロードした方が良いと思います。

64ビットPCの場合は「64ビット版」をクリックします。

 

すると、「プレビューできません」などと不安なメッセージが表示されますが、気にせず「ダウンロード」をクリックします。

 

lhaz64_251.exeをダブルクリック。ユーザーアカウント制御の画面が表示されたら「はい」をクリック。

 

特にこだわりがなければ「OK」ボタンをクリックします。

 

Lhazのインストールが完了しました。

もれなく「Microsoft Visual C++」もインストールされます。Lhazの動作に必要不可欠です

 

M+ FONTSをインストール

ダウンロードした「mplus-TESTFLIGHT-063a.tar.xz」ファイルをLhazにドラッグ&ドロップします。

 

ファイルが解凍されました。

 

.ttfファイルをクリックします。フォントは43個もありますので、とりあえず1番上からクリックすれば良いかと。

 

左上にある「インストール」をクリックするとPCにフォントがインストールされます。

インストールしたいフォントが決まっている人はそれを、そうでない場合は43個のフォントを1つづつインストールしていきます。面倒な印象を受けますが、単純作業ですので5分もあれば余裕。

 

太いタイプは動画のタイトルなんかに良いかも。

 

くっきりはっきりできれい。

 

thinとかいうフォントもとても気に入りました。透かしとして使うときれいです。







パソコン
わたしらしく