松屋 桜橋店でランチ(株)松屋フーズ(9887)の株主優待/株価指標

ライブの前に腹ごしらえ。

角松 敏生 meets アロージャズオーケストラ vol.3ライブに行ってきました。ビルボード大阪

 

特別、松屋が大好き!という訳ではありませんが、株主優待券を使い切るために時折利用しています。

 

今回もいつものカルビ焼肉定食を注文しました。

 

電車でしたのでビールも飲んじゃいました。

 

松屋フーズの権利確定日は3月末日

 

100株で自社の主要メニュー及びおすすめメニューより1品選択可能な優待食事券(10枚)、もしくは、自社製品詰め合わせセット「牛めしの具(4食)、豚めしの具(3食)、オリジナルカレー(3食)の合計10食」と交換することが可能です。

2017年3月19日現在の株価は4555円ですので、優待を得るためには100株455,500円が必要となります。

 

指標で考えると割高

 

安定性はあるものの、発行部数が多く希薄化している印象。

  • PER(株価収益率)40.37
  • PBR(株価純資産倍率)2.38
  • EPS(一株当たりの当期純利益)112.82
  • BPS(一株当たりの純資産)1914.06

 

いつの日か大幅な調整があるかと思いきや

 

今のところ右肩上がり。

Yahoo!ファイナンス

松屋フーズ(9887)は続伸で1999年12月以来17年3カ月ぶりの高値水準。午後1時51分時点では前日比15円(0.3%)高の4425円となっている。特に新規の材料が出たわけではないが、今2017年3月期の収益上振れや来18年3月期の一段の回復を見越した買い注文が継続的に流入している。

1月30日に発表した今17年3月期の第3四半期累計(16年4~12月期)連結決算は、純利益が21億7400万円(前年同期比81%増)だった。主力業態である「松屋」の既存店売り上げが好調に推移する一方、原材料費などのコストは抑えられ、大幅増益となっていた。その段階で通期の純利益予想(21億5000万円)は据え置いていたが、第3四半期段階ですでに超過しており、大幅な超過達成が濃厚とみる投資家が増えている。会社四季報オンライン

 

割高なのは間違いないのでお勧めは致しませんが、信用倍率が0.12と安定していますので(2017年3月10日現在)、当面はヨコヨコの動きが続くと思います。

 

(株)松屋フーズ(9887)の株を購入

 

ネット証券がお勧めです。

タイトルとURLをコピーしました