mixi退会しました

2006年から登録していたmixiを退会しました。

 

mixiは2004年2月からサービスが開始されました。当初は招待制。

しばらくは誰からも招待されず(というか完全招待制で最初に招待を受ける人って。ネズミ算式に会員が増えていったのでしょうか。謎)約2年後に開始。

ほとんどの人が本名で登録していましたが、それが元でえらい目に遭った人いますよね、ハンバーガーの人とか。

私は最初は下の名前のみ、後にハンドルネームに訂正。おかげで出身校のコミュニティに入っても、しばらくは誰からも気が付かれなかったという。

 

コミュニティ(酒飲みと英会話)のオフ会でマイミクになった人とはほぼ本名で交流し、時に住所を教え合い年賀状を交わしたり、泊まりに行ったり。

元々、「ご近所さん(2019年にサービス終了)」でもそういった交流が多くありました。

今では信じられない安定さ。

 

スポンサーリンク

 

日記を書いたり、見に行ってコメントしたり、皆でmixiゲームやったり。

ですが、2010年に招待なしで登録できるようになった頃から、節操がない人が増加しました。

 

mixiで1番嫌だったのは「足あと」。誰かを見に行ったら問答無用でバレるという。

最終ログイン時間が分かるのも何だかなあ。

ログインすると「ログイン5分以内」とか表示されます。ログインしたとたんに電話がきたこともありました。あれで彼氏彼女を監視した人もいそう。ストーキングに使える公式ツール。

2011年に足あとが廃止され、後に訪問者制度ができましたが、その頃にはあまりログインせず、Skypeで遊んでいました。英会話の練習に便利でした。

 

ごくごくたまーにログインすると、異性の1人が必ず見に来ていたのが、なんか気持ち悪かった。

2015年にもなると、私の周囲はほとんどログインさえしていなかったのに。

ブロックしても良かったのですが、ブロックしたらしたで「確認しました」と意思表示したことになるので見ないフリに徹しました。

 

マイミクになったとたん、交流関係が相手に筒抜けというのもね…

そんな訳で、結局のところ使っていないので退会しました。

 

特に黒歴史はありません。

 

「mixiなんてもう利用している人少ないんじゃ」と思っていましたが、意外といました。

「mixi の利用実態」—アンケート調査レポート

揺れるミクシィ、SNSの「老舗」はなぜ間違えたのか:日本経済新聞

 

スポンサーリンク

 

mixiの後はLINE。これまた反応の薄い私は始めるのが遅く、2015年頃から。

LINEはメールの代わりにもなり、読んだか読んでいないか一目瞭然。無料電話にもなるせいか、周囲でも「mixiをやらない人でも登録」するなど比較的敷居が低い感じがしました。

グループLINEも便利で良いですよね。時々面倒くさいですが。面倒くさすぎて何回かアカウント削除した経歴が。

Facebookは、登録したとたんに紹介メールやら迷惑メールが届いたので速攻で止めました。

2017年からはTwitter。これは当サイトを少しでも拡散させるために始めたので、交流らしい交流なく今に至ります。

タイトルとURLをコピーしました