固定費を節約したい!私の携帯料金・通信費の節約歴史まとめ

通信費は見直して本当に良かったです。簡単に毎月1万円以上も節約することができました。これは大きい。

あまり参考にはならないかもしれませんが(時系列がおかしいところもあるかも)暇つぶしにご覧いただければと思います。

2012年の維持費

この年2012年3月31日に2G回線movaが終了。

ドコモ5,040円
スマホ定額5,985円
iモード315円
固定電話1,680円
ナンバーディスプレイ400円
留守番電話300円
1か月あたり13,720円
1年合計164,640円

今思うと高いですが、当時は何の迷いもなく支払い続けていました。

初スマホはドコモ3G P-07C

  • OS Android(TM)2.3
  • メモリ ROM 1024MB
  • メモリ RAM 512MB

2013年の維持費

ドコモ1,890円
WiMAX1,980円
Google Apps 年10ドル
1か月辺り3,953円
1年合計47,439円

1か月あたり9,766円、1年で117,200円も節約できました。

2012年164,640円
2013年47,439円
節約合計117,200円

固定電話を解約

固定電話を休止しました【NTT解約】安く購入する方法

ドコモのデータ通信は使わない

iモードとスマホ定額(パケホ)は解約しました。自宅以外ではWi-Fi(WiMAX)でスマホとノートパソコンを運用。

キャリアメールは使わない

メールはGoogle AppsとGmailを使用。Google Appsは主に仕事用。

※Google Appsとは

現名称は「G Suite」。Gmailを独自ドメインで使用することができます。当時は1ドメイン10ユーザー年10ドルで導入することができました。基本的な仕様はGmailと同様。

通話はドコモのガラケーP903i

ムスビーで中古で買いました。

auへMNP

ドコモ MNP 転出手数料2,100円
au 新規契約手数料3,150円
合計5,250円
(+電気屋さんのポイント)10,000円

auウェルカム割で0円

3Gスマホ IS12Sが本体込み一括0円でした。

Xperia™ acro HD IS12S | Xperia(エクスペリア)公式サイト
ソニーモバイルコミュニケーションズの携帯電話「Xperia(TM) acro HD IS12S」の製品情報。
  • OS Android(TM)4.0
  • メモリ RAM 1GB
  • メモリ ROM 16GB
  • SIMロック

プランZシンプル980円が2年間無料で使えました。

次回更新は2015年4月。2015年4月に再度MNPの予定。

➡MNP中止
➡au継続中

shareee!WiMAXを契約

モバイルルータ モバイルスリムIMW-C1000W契約 shareee! WiMAX

次回の更新月は2013年11月。

➡解約
楽天モバイルを契約

auの3G回線は常に切断

設定→無線とネットワーク→モバイルネットワーク

「データ通信を有効にする」のチェックを外します。

維持費がさらに安く

au 3Gスマホ IS12S3円
WiMAX1,980円
合計1,983円

2012年から比べると1か月あたり11,737円、年間140,844円も節約できました。通信費を見直すとお金の減りが違います。もっと早くに気がつけば良かった。

2012年164,640円
2013年47,439円
2013年4月~23,796円

無料通話アプリで通話料の節約

LINESkypeを活用すれば通話代の心配は少なくて済みます。

ちなみに、050 plusは音質が最悪でした。今は良くなったようですね。

固定電話を休止にしてから早1年

全く不便はありません。思えばセールスの電話がほとんどでした。

別途、ソフトバンクを契約(仕事用)

ホワイトプラン。毎月の基本料は934円。ウェブはなし。

ソフトバンクのホワイトプランを契約しました。ガラケー740SC

 

2015年 楽天モバイル契約

富士通 ARROWS M01を買いました。楽天モバイル通話SIM申し込み&契約

 

2016年 楽天モバイルプラン見直し

楽天モバイル申し込み 050データSIM AQUOS SH-RM02

 

カケホーダイプランまとめ

あまり通話しない人にとっては実質料金値上げとなりました。

ドコモ

カケホーダイプラン月額2,700円国内通話24時間無料
カケホーダイライトプラン月額1700円5分以内の通話が無料
※パケットパックの契約が必須

au

カケホ月額2,700円国内通話24時間無料
※データ定額必須

ソフトバンク

2年契約で3,000円
※データ定額必須
国内通話24時間無料
2年契約で2,000円
※データ定額必須
5分以内の通話が無料

楽天モバイル

スーパーホーダイ

楽天モバイル
楽天モバイル公式。楽天の携帯キャリアサービス、本格始動。これまでの常識をくつがえす料金プラン「Rakuten UN-LIMIT」申込受付中!Rakuten Miniなど人気のAndroidスマートフォンも続々登場。

 

ガラケー3Gスマホ。格安プラン

au

プランZシンプル934円
➡2018年11月7日受付終了

ソフトバンク

ホワイトプラン934円
➡2018年6月27日受付終了

Y!mobile

 

格安SIM【通話】まとめ

  • かけ放題以外の通話料は30秒で20円
  • 楽天でんわを利用で通話料は30秒で10円

楽天モバイル

DMMモバイル

月額1,140円~

LINE MOBILE

  • 公式サイト
  • 月額1,200円
  • LINEアプリの通話・トークがデータ消費0使い放題
  • オプション10分電話かけ放題 月額880円

UQモバイル

ロケットモバイル

  • 公式サイト
  • 月額948円~
  • ポイントを貯めて通信費に充てることが可能

イオンモバイル

mineo

月額1,310円~

 

2018年の維持費

au 3Gスマホ
IS12S
プランZシンプル
1,010円
Softbank
ホワイトプラン
1,010円
楽天モバイル
050データSIM 3GB
1,105円
G Suite 年10ドル
1か月あたり3,208円
1年合計38,500円

au3Gスマホ5年使用。そろそろ調子が悪くなってきた

4Gスマホに機種変をすると料金プランが変更となり高くなりますので、3Gスマホ、もしくはガラケーを使うしかありません。

au3Gスマホ。電話が繋がらなくなった&Google Playストアに接続できない

 

結果

2012年からと比べると毎月1万円以上も節約できた

固定電話を解約し、3Gスマホで格安通話プラン+データ通信は格安SIMに変更することにより、毎月1万円も節約することができました。

なんと2005年頃までは通信費だけで月5万円

インターネットはいわゆるダイヤルアップ接続で固定電話が必須、3分10円(常時接続は高額だった)。携帯通話料も高額。その後ADSLが登場しましたがまだまだ高かったですし、回線が途中で切れるなど質も良くありませんでした。なので、「毎月1万円は安い」と思っていましたが甘かった…

 

2019年 auから楽天モバイルにMNP

これまでは「通話はau 3G プランZシンプル934円」、データ通信は「楽天モバイル050データSIM」を使っていたのですが、auは解約して楽天モバイル通話SIMに絞ることにしました。

【MNP】auの解約引き止めが必死すぎ!しつこくてワロタ
auから楽天モバイルにMNPしました

◆au 3G 2022年3月末で終了

 

2020年 Rakuten UN-LIMIT契約

1年間はとりあえず完全無料。それと、仕事用のSoftbankガラケー(月約1,000円)G Suite(年10ドル)

Rakuten UN-LIMITを契約!楽天モバイル通話SIMから移行しました