【Movie Maker】基本的な使い方【無料動画編集ソフト】

【Movie Maker】インストール方法、詐欺サイトの見分け方

MicrosoftはWindows Essentials 2012(ムービーメーカー)のダウンロード提供は廃止しました。脆弱性や詐欺サイトなどに気を付けてお使いください。

Movie Makerを開く

 

日本語化は行っていませんが、操作方法はシンプルですので、大きな問題はないと思います。

 

動画をドラッグアンドドロップしてみましょう。

動画アイコンの大きさは右下の設定で変更できます。

 

画質のカスタムセッテング

 

保存の際の動画の画質を設定します。右上の「Save Movie」をクリックして、スクロールすると様々な変換方法が表示されます。

編集を行った後、どれを選択してもそれなりの画質で保存されますが、せっかくですので「Create Custom Setting」で設定してみます。

 

Nameの欄に「最高画質」などご自分が分かりやすい名前を付けます。

こんな風に設定したらSaveをクリック。

Width1920
Height高さ1080
Bit rateビットレート135000
Frame rateフレームレート60

 

Saveをクリックして設定完了。

 

結合

 

動画をドラッグアンドドロップします。

 

「Homeタブ」→「Save Movie」→「最高画質」をクリック。

次の画面でSaveをクリックして保存します。

Wondershare DVD Memory

 

カット

 

動画をカットしてみます。

「Editタブ」→「Trim tool」をクリック。

 

カットしたい部分を左右のカーソルで合わせたら「Save trim」をクリック。

 

「Homeタブ」に戻り「Save Movie」→「最高画質」で保存します。

 

タイトルを入れる

 

「Homeタブ」→「Title」をクリックして文字を入力します。

 

文字の大きさなどは、表示された「Formatタブ」で変更することができます。

 

「Animationタブ」でアニメーションも入れることができます。

 

キャプション(字幕)を入れる

 

↓こういうのです。途中で説明文を入れたい時に便利です。

 

キャプションを入れたい場面で「Homeタブ→Caption」をクリック。

文字を入力します。

 

文字の大きさなどは、表示された「Formatタブ」で変更することができます。

 

クレジットを入れる

 

動画の盗用防止になります。

「Home」タブ→「Credit」をクリックして文字を入力します。

 

文字の大きさなどは、表示された「Formatタブ」で変更することができます。

私はこの方法で動画にクレジットを入れています
YouTubeブランディング設定方法

簡単操作が自慢の動画編集ソフト GOM Mix Pro(ゴムミックスプロ)