日本製マスクと中国製マスクの比較


ユニチャーム超快適マスクと、今までに買った中国製マスクとの違いを書いてみました。

とにかく臭いがない!肌ざわり良し!

ユニチャームすごいです。
中国製マスクは臭いマスクばかりだったので感激
(でも超立体マスクは臭かった。中国製ほどではありませんが)
臭いマスクは肌にも悪そう。

厚みがある

中国製マスクと比べると高さが0.5cm小さめ。
高さを低く抑えてプリーツをふっくらと顔の形に添うようになっていました。
プリーツの分、厚みもあるのが分かるかと。

耳が痛くならない

耳ひもが幅広のマスクは耳が痛くなるものばかりでしたが(リブふわマスクヘルスケアマスクなど)
ユニ・チャームは大丈夫でした。

シルク配合のおかげでしょうかね。

「通気フィルタ」で息ラクラク?

何と言っても臭くないので、その分快適に呼吸ができます。でも、暑い日はやはり暑かったです。

フィット感

プリーツが多いせいかフィット感は抜群でした。

フィルターの違い

よほどの粗悪品でない限り大きな違いはないかと(目に見えないので良く分からないし)
いずれにせよ、マスクは「感染を完全に防ぐものではない」ので、手洗いやこまめにマスクを交換することが大切。

お値段が高い

1枚10円前後の中国製マスクと比べると 4~5倍 かかります。
基本的にはユニチャーム超快適マスクを使っていますが、後日使った日本製のリブふわ4層マスクも安くて良かったです。