Microsoft 365 Personalを安く買う方法と概要

当サイトではAmazonから購入しています

登録、更新方法は【Amazon登録/更新方法】をご覧ください

Microsoft 365 Personalを安く買う方法

キャンペーンを利用

◆期間限定 Microsoft主催 3,000円キャッシュバック 12/25まで!

Office+OneDriveを長くお使いの場合は、早めに買っておいても損はありません。

Amazonで購入

マイクロソフト公式では12,984円、Amazonでは11,581円で買うことができます。更に、更新対象者限定のクーポンを使うと5%引きになります。

◆Microsoft 365 Personal 対象者限定クーポンキャンペーン

 

各Microsoft 365 Personalの概要

Office Personal 2019

Windows PC用。2019年版のOffice(Word/Excel/Outlook)の永続ライセンスが付いています。使用できる端末は2台のみで、OneDriveとSkype60分無料は付いていません。

Office Home Business 2019

Businessとありますが個人でも利用できます。MacおよびWindows PC用。2019年版のOffice(Word/Excel/PowerPoint/Outlook)の永続ライセンスが付いています。使用できる端末は2台のみで、OneDriveとSkype60分無料は付いていません。

Office Home & Student 2019 For Mac

Mac用。2019年版のOffice(Word/Excel/PowerPoint)の永続ライセンスが付いています。使用できる端末は2台のみで、OneDriveとSkype60分無料は付いていません。

Microsoft 365 Business Basic

法人専用ですので既存のMicrosoftアカウントは使えません。アカウントを設ける際には勤務先の電話番号などが必要です。

Microsoft:年6,480円

Personalとの主な違いは「最大250人のオンライン会議とビデオ会議を開催できる」「24時間年中無休の電話とWebサポート」「Skype無料60分は無い」こと。

また、Business Basicにはデスクトップ版のOfficeアプリは付いていません。Web版でOutlook、Word、Excel、PowerPoint、OneNote(※AccessとPublisherはWindows PCのみ)を使用できます。

Microsoft 365 Business Standard

法人専用になります。Business Basicとは異なりデスクトップ版のOfficeアプリが付いています。

Microsoft 365 Business Premium

法人専用になります。セキュリティ機能とデバイス管理が付帯されており中小企業向けとなります。

Microsoft:年26,160円

Microsoft 365 Apps for business

法人専用になります。法人メールとMicrosoft Teamsは含まれていません。

Office 365 Education

学生と教育者は無料で使うことができます。

◆Microsoft

 

アメリカ版のOfficeは格安で魅力的でしたが、どうやっても国内から買うことができませんでしたので情報を削除しました。手ごわい

 

Officeだけを使いたい場合

永続版のOffice Personal 2019Office Home Business 2019Office Home & Student 2019 For Macがおすすめです。ただし、使用できる端末は2台のみで付帯しているOfficeは少ないので注意が必要です。

Microsoft Store (マイクロソフトストア)