Office 365 Soloを購入しました。更新方法。更に安く買う方法【クラウドOneDrive】

Amazon Driveを1年間使い倒してから「OneDriveに鞍替え」しようと思いましたが早くも買い替えてしまいました。

Microsoft Office 365 Solo

  • 1年更新
  • オンラインコード版
  • 1ユーザー
  • インストール台数は無制限
  • 同時に利用できるデバイスは5台まで

 

Amazonではマイクロソフト公式よりも安く買うことができます。

Microsoft12,744円
Amazon11,581円

Office 365 soroの特典

 

多彩なソフトアプリWord、Excel、PowerPoint、Outlook、OneNote、OneDrive、Publisher、Access
1TBのクラウドOneDrive
メールボックス容量50 GB
全てのデバイスインストール台数無制限
※同時利用可能台数5台
無料でSkype毎月60分間タダで通話

【無料】ひと目でわかる Microsoft Office 365 Solo (ダイジェスト版)

 

Amazonで購入インストール

 

Amazonで購入した場合は、必ずAmazon経由で登録・更新します。
プロダクトキーを用いて直接Microsoftのページから登録するとエラーになる場合があります。
また、再インストールの場合は「注文履歴」からたどっていくと分かりやすいです。

 

更新や再インストールする場合も、同じ手順になります。

「ライブラリへ移動する」をクリック。

 

Office.comへボタンをクリックします。

 

「さあ、Officeを取得しましょう」の画面になります。

「サインイン」もしくは「新しいアカウントを作成」します。

 

「次へ」をクリック。

 

自動的にプロダクトキーが確認され、定期請求の項目が表示されます。

次回もAmazonで購入する場合は「オフ」設定が良いと思います。

「オフ」にすると支払い方法が消えます。

 

必要に応じてMicrosoftからのメール購読のチェックを外して「サインイン」。

 

「Officeのインストール」をクリック。

 

Word、Excel、PowerPoint、Outlook、OneNote、OneDrive、Publisher、Accessなどがずらずらとダウンロードされました。

 

期限を確認

 

まれに期限が異なる場合があるようですので、確認した方が良いです。

  1. Microsoftアカウント
  2. 注文履歴

 

更にお安く買える?

 

種類がありすぎて、詳しく記載すると私の頭がごちゃごちゃになりますので、主要な点のみご説明します。

Office 365 Business

年間10,800円(1か月あたり900円)

商用向けですが個人でも利用できます。

BusinessとSoloの主な違いは「Skype無料60分が付いていない」「最大300人のユーザーで使える」「使用可能台数(Windows PC or Mac 5台、スマートフォン5台、タブレット5台」

BusinessはSoloよりも安いので「Skype無料60分は要らない」のならBusinessでも良いと思いますが、従来のMicrosoftアカウントではなく専用のアカウントが必要となりますので、パソコンに慣れていないと分かりにくいかもしれません。

購入は公式サイトが良さそう。Amazonで購入するとインストールが難しいようです。

 

Office 365 Business Essentials

年間6,480円(1か月あたり540円)

Office 365 Businessとの主な違いは、デスクトップ版のOfficeアプリが無いこと。

しかし、タブレットとスマートフォン向けの Officeが付帯されており、Office OnlineでWebブラウザーにて作成・編集が可能、Plannerなどの機能も付いています。

こちらもBusinessと同様に、専用アカウントが必要です。

Office 365 Business Essentials

 

Office 365 Home(米Microsoft)

1年99.99ドル(日本円で約10,999円※ドル円110円で換算)

内容はOffice 365 Soloとほぼ同様ですが、大きな違いが1つあります。Soloはユーザー1人利用に対し、Homeは6人で利用できる点です(Share with your entire family – for up to 6 people)。

もちろん、OneDriveも1人1TB使うことができます(Get 1TB (1024GB) OneDrive cloud storage per person with ransomware detection and file recovery to safely store, edit and share documents, photos and more from anywhere, on all your devices.)。Skype無料60分も付いています。

ただし、Homeは商用不可となります(後述)。家族で複数人で利用したい場合はとてもお得です。

Buy Office 365 Home – Microsoft Store

 

Office 365 Home (米Amazon)

79.99ドル(日本円で約8,799円)。

内容は「Office 365 Home(米Microsoft)」と同様です。

注意書きとして「Note: Currently, this item is available only to customers located in the United States.(アメリカ在住の人だけ買える)」と書かれてありますが、ダウンロード版であれば(〇〇とか〇〇をすれば)買えそうな気がします(試していませんので確かなことは分かりません)。

Amazon.com(アメリカのAmazon)

 

Office 365 Personal(米Microsoft)

1年69.99ドル(日本円で約7,689円※ドル円110円で換算)

基本的にはOffice 365 Soloと同様で、アプリ・OneDrive 1TB・Skype無料60分も付いていますが、Personalは商用不可となります(後述)。

Buy Office 365 Personal – Microsoft Store

 

Office 365 Personal (米Amazon)

49.99ドル(日本円で約5,498円)。日本のAmazonだと11,581円。その差は6,083円。アホらしいですね。

内容は「Office 365 Personal(米Microsoft)」と同様です。

注意書きとして「Note: Currently, this item is available only to customers located in the United States.(アメリカ在住の人だけ買える)」と書かれてありますが、ダウンロード版であれば(〇〇とか〇〇をすれば)買えそうな気がします(試していませんので確かなことは分かりません)。

Amazon.com(アメリカのAmazon)

 

教職員、学生さんには「Office 365 Education」

無料です。

公式サイト

ちなみに、アメリカのMicrosoftは「Office 365 University」になります。参考サイト→Microsoft Office 365 Universityを日本で契約する(2018年版) – Qiita

Amazon.co.jp: Prime Student – 学生のためのお得なプログラム

 

アプリだけを利用したい場合

Microsoft Office Home & Business 2019(最新 永続版)がおすすめです。

米Amazonだともう少し安価

 

価格一覧(2019年4月現在)

 

Office 365 soro
(Microsoft)
12,744円
Office 365 soro
(Amazon)
11,581円
Office 365 Business
(Microsoft)
10,800円
Office 365 Business Essentials
(Microsoft)
6,480円
Office 365 Home
(米Microsoft)
日本円で約10,999円
Office 365 Home
(米Amazon)
日本円で約8,799円
Office 365 Personal
(米Microsoft)
日本円で約7,689円
Office 365 Personal
(米Amazon)
日本円で約5,498円

 

Office 365 Soloは商用可?

 

読者の方に教えていただいたのですが(ありがとうございます)「Office 365 Personal」「Office 365 Home」「Office 365 University」は商用では使えないとのことです。

マイクロソフトライセンス条項
Office 365 Personal, Office 365 University and Office 365 Solo. For use by you only. 」ただし「The non-commercial use restriction set forth in the Microsoft Services Agreement does not apply to users of Office 365 Solo.」と書かれてあるので「Office 365 Solo」は商用可。「Office 365 Home」は 「The service/software may not be used for commercial, non-profit, or revenue-generating activities.」と書かれてあるので商用不可のようです。

難しい

-余談- Office 365 soroとPersonalの違いとは

基本的には同じですが、soroは商用可、Personalは商用不可となります。

最初は複数ライセンスの「Office 365 Home Premium」が登場しましたが、その後、「Office 365 Home」に名称が変わりました。

そして、1名ライセンスの「Office 365 Personal」が登場しましたが、その後、Office 365 Personalはアメリカ用で?商用不可になり?、日本版で商用可「Office 365 soro」が登場した感じです。

種類がありすぎ

キャンペーン

 

定期的にキャンペーンがあります。分かり次第追記します。

2018/12/5(水)0:00
~25(火)23:59
Office 365 Solo キャッシュバックキャンペーン
2018/12/7(金)18:00
~11(火)1:59
Amazonサイバーマンデーセール

Microsoft Office 365 Solo 対象者限定クーポンキャンペーン

 

後書き

 

やっぱりOneDrive。

デスクトップでドラッグ&ドロップするだけ。安定の使いやすさ。

WordやExcelは2013を使っていたのですが、今回、久しぶりに新しいOfficeとなり使いやすくなりました。

 

次回購入するとしたら、Office 365 BusinessもしくはOffice 365 Personalだと思います。アメリカのAmazonでも買えるかどうか分かりませんが試してみたいです。

でも「Office 365 Home」もいいなあ。複数人でアプリもクラウドも使えるのはお得です。

しかし、Officeは種類がありすぎて意味が分かりません。Microsoft Office 365 Pro Plusなんていう商品もあります。もう少し統一して日本版を安くしてほしいです。