Office 365 Soloを購入しました。クラウドOneDrive。更新方法。安く買う秘訣

Amazon Driveを1年間使い倒してからOneDriveに鞍替えにしようと思いましたが、

こんな流れでつい買ってしまいました。

 

  1. OneDriveの2年間無料が期限切れ
  2. 比較検討
  3. Amazonプライムを契約
  4. えーファイルが5GBしか入らないー
  5. Amazonドライブも契約
  6. 使いにくいったらありゃしない OneDriveに戻りたい
  7. Office 365 Soloを購入

 

Microsoft Office 365 Solo サブスクリプション

 

  • 1年更新
  • オンラインコード版
  • 1ユーザー
  • インストール台数は無制限
  • 同時に利用できるデバイスは5台まで

 

Amazonの方がマイクロソフトの公式サイトよりも安く買うことができます。

 

Microsoft12,744円
Amazon11,581円

 

 

Office 365の特典

 

多彩なソフトアプリWord、Excel、PowerPoint、Outlook、OneNote、OneDrive、Publisher、Access
1TBのクラウドOneDrive
全てのデバイスインストール台数無制限
無料でSkype毎月60分間タダで通話

 

【無料】ひと目でわかる Microsoft Office 365 Solo (ダイジェスト版)|ダウンロード版

 

インストール手順

 

更新や再インストールする場合も、同じ手順になります。

 

 

Amazonで購入した場合は、必ずAmazon経由で登録・更新します。
プロダクトキーを用いて直接Microsoftのページから登録するとエラーになる場合があります。
また、再インストールの場合は「注文履歴」からたどっていくと分かりやすいです。

 

「ライブラリへ移動する」をクリック。

 

 

Office.comへボタンをクリックします。

 

 

「さあ、Officeを取得しましょう」の画面になります。

「サインイン」もしくは「新しいアカウントを作成」します。

 

 

「次へ」をクリック。

 

 

自動的にプロダクトキーが確認され、定期請求の項目が表示されます。

次回もAmazonで購入する場合は「オフ」設定が良いと思います。

「オフ」にすると支払い方法が消えます。

 

 

必要に応じてMicrosoftからのメール購読のチェックを外して「次へ」をクリック。

 

 

期限を確認

 

稀に期限が異なる場合もあるようですので確認した方が良いです。

 

  1. Microsoftアカウント
  2. 注文履歴

 

本日2017/05/07に購入しましたが、ライセンスの有効期限は2018/02/03でした。レビュー

 

Officeのインストール

 

「Officeのインストール」をクリック。

 

 

Word、Excel、PowerPoint、Outlook、OneNote、OneDrive、Publisher、Accessなどがずらずらとダウンロードされました。

 

 

感想

 

やっぱりOneDrive。安定の使いやすさ。

 

 

Amazon Driveのデメリット。今更ながらOneDriveは良かった戻りたい…

 

WordやExcelは2013を使っていたのですが、今回、久しぶりに新しいOfficeとなり使いやすくなりました。

 

OneDriveは使わずWord・Excelなどのソフトのみを使用する場合は、パッケージ版(永続)Home and Businessがおすすめです。

 

更にお安く買える?

 

うっかりしていました。

アメリカ版だと安かったです。

来年トライしてみます。

 

Office 365 Personal(Microsoft)

1年69.99ドル(日本円で7,909円※ドル円113円で換算)

1ユーザー、インストール台数は無制限。

日本版と同様に、1TBのOneDrive・1か月60分のSkypeも付いています。

Buy Office 365 Personal – Microsoft Store

 

Office 365 Personal (アメリカのAmazon)

49.99ドル(日本円で5,648円)で購入できます。

日本のAmazonだと11,581円。その差は5,933円。アホらしいですね。

注意書きとして「Note: Currently, this item is available only to customers located in the United States.(アメリカ在住の人だけ買える)」と書かれてありますが、ダウンロード版であれば(〇〇とか〇〇をすれば)買えそうな気がします。

Amazon.com(アメリカのAmazon)

 

価格一覧(2018年11月現在)

Office 365 soro
(Microsoft)
12,744円
Office 365 soro
(Amazon)
11,581円
Office 365 Personal
(Microsoft)
日本円で7,909円
Office 365 Personal
(Amazon)
日本円で5,648円

 

Office 365 soroとOffice 365 Personalの違い

呼び名が新しいか古いかの違いだけだと思います。

最初は複数ライセンスの「Office 365 Home Premium」が登場しましたが、その後、「Office 365 Home」に名称が変わりました。

そして、1名ライセンスの「Office 365 Personal」が登場しましたが、その後、Office 365 Personalはアメリカ用?になり?、日本国内用として「Office 365 soro」が登場した感じです。