大橋家住宅に行ってきました【倉敷の重要文化財】

スポンサーリンク

倉橋駅前の市営駐車場に車を停めて散策。12時間最大830円。

➡iPosNetリアルタイム駐車場情報 – 倉敷市

 

倉敷えびす商店街。「民芸とをる」の辺り。

 

愛文社書店(明治5年創業。倉敷最古の書店)などの古い住宅が並びます。

 

大橋家住宅。長屋門が連なります。

 

2020年には築224年になります。すごいわあ。

江戸時代に新田開発などで大きな財を成した大橋家が1796(寛政8)年に建てた建物です。
➡大橋家住宅 | 倉敷観光WEB

 

長屋門の後ろには広い庭、奥に主屋があり、上部には倉敷窓と呼ばれる採光と換気を備えた窓があります。

 

この土間には、昭和の初め頃まで、下段17表の米俵が台形型に5段積まれ、その列が4列で300俵の米俵が積まれていました

倉敷格子が素敵。

 

店の間。

 

手前には「端米入れ」がありました。

 

倉敷家具の素敵なテーブル。200,000円と書かれてありました。

 

箪笥。

 

大座敷。

 

上の間。

 

縁側に繋がっています。

 

今ではありえない手彫りの欄間。

 

下の間。大きな屏風。

 

坪庭は2か所ありました。うちにも欲しいー

 

2階には上がれませんでした。しかし急な階段。

 

広いなあ。

 

刀を入れる箪笥。

 

シンガー足ふみミシン。

 

この奥にあるのは、別棟として作られた蔵で、主屋と旨く接続されています。

類燃を防ぐためにあえて別棟となっていますが、米蔵と違って宝物や通貨など貴重品を収納したため、防犯と利便性を考え接続型となったようです。
更に驚くことに、床下の中ほどは砂場のようになっており、その砂を掘ると中には石棺が収められており、更にその中に備前焼の大きな壺が3つ配されていました。通貨等が納められ、いかなる大火にも耐えられるようになっています。

 

米蔵は「なまこ目地瓦張」と呼ばれる手法で、目地に漆喰を盛り上げています。

 

この時代に立派な鏡台!洒落てます。

 

この渡り廊下の向こう側に「湯殿」と四つの部屋をもつ「奥ざしき」がありました。平成7年の改修により撤去されました。

 

カレンダーの代わりにもなる大きな掛け時計。初めて見た。

 

200年も前に椅子生活。ブルジョワですね。奥の方には「香時計(江戸時代に多く作られたものでお香を燃やし時間を計った)」がありました。

 

土間と大黒柱。

 

大きな梁。

 

おくどさん。家電がない時代ですし、広さ以外は庶民と変わらなそう。

 

1塊の豊島石をくり抜いて加工された大きな流し。

 

お食事スペース。

 

土公神(おどくうきん)。土を司る神。春は竈、夏は門、秋は井戸、冬は庭におられます。

土用の期間は土の気が盛んになるので、そこを工事したり土を動かしてはいけないとのこと。

季節の変わり目は注意しよう、ということでしょうか

 

素敵な棚。

 

鏡台コレクション。

 

江戸時代の金庫。銀行がない時代でしたので、いわゆる箪笥預金で守っていました。

寛永通宝、藩札、銀札が収められています。

新座敷奥の内蔵で使われていたもので、詳しい年代などは不明ですが、頑強に作られた箪笥に複雑なカラクリの錠前を施したものです。

 

1914年(大正3年)頃に大橋家で使われていた車。

第一次世界大戦が始まった年に車を乗り回す大橋家最強

相方によると車はフォードとのこと
当時の国内生産数は1000台ほど

 

大正5年に岡山からマイカーで東京へ遠征する青年。

自家用車と7代大橋平右衛門の青年時代。ゴルフ、映画、写真、自動車など古いものより新しいものに興味をもっていた。大正5年5月東京上野にて。

 

昔のお金持ちの家はやはり面白かったです。

  • 午前9時~午後5時
  • 4月~9月の土曜日は午後6時まで
  • 休館日 12月~2月の金曜日、12月28日~1月3日
  • 大人 550円、65歳以上 350円、小中 350円
  • 公式サイト

タイトルとURLをコピーしました