【解決】OneDriveアプリを削除したらドキュメントが利用できない

スポンサーリンク

➡OneDriveはブラウザのみで利用することにしました

 

Windows10では、元々ドキュメントとデスクトップはOneDriveの配下にありますので、OneDriveアプリをアンインストールすると開けなくなり、クイックアクセスからも外されます。

フォルダーの場所を移動させますので、データーのバックアップを取ってから行ってください

 

ドキュメント

OneDriveアプリをアンインストールした後、ドキュメントを開いたらエラーでした。

「場所が利用できません」

 

フォルダーの場所を変更することにより、使えるようになります。

C:\Users\ユーザー名\OneDrive\Documents

↓↓

C:\Users\ユーザー名\Documents

 

「PC→ドキュメントを右クリック→プロパティ→場所」の順に開き、「標準に戻す」をクリック。

 

フォルダーの移動で「はい」をクリック。

これによりドキュメントの場所が変更され、再び利用できるようになります。

 

スポンサーリンク

 

デスクトップ

同様に場所を変更します。

C:\Users\ユーザー名\OneDrive\デスクトップ

↓↓

C:\Users\ユーザー名\Desktop

 

「PC→ドキュメントを右クリック→プロパティ→場所」の順に開きます。

 

「標準に戻す」をクリックしたら、下にある「適用」をクリック。

 

フォルダーの作成「はい」をクリック。

 

フォルダーの移動「はい」をクリック。

 

フォルダーリダイレクト「はい」をクリックすると使えるようになります。

 

ダウンロード先の変更

※Chromeの場合

「設定→詳細設定→ダウンロード」の順に開き、保存場所を変更します。

C:\Users\ユーザー名\OneDrive\デスクトップ

↓↓

C:\Users\ユーザー名\Desktop

タイトルとURLをコピーしました