個人向けオンラインストレージ料金プランと容量まとめ

個人または個人事業主に最適な、クラウドオンラインストレージを容量別にシンプルにまとめてみました。料金プランはキャンペーンなどで変更される場合がありますので、その都度ご確認をお願いします。

当サイトではMicrosoft 365 Solo(Amazon)を使っています

無料

Googleフォト無制限
firestorageフリー無制限※1枚2GiBまで
PlayMemories Online無制限
OneDrive5GB
Google Drive15GB
Amazon Drive5GB
Dropbox Basic2GB
iCloud5GB
Yahoo!Box5GB
Yahoo!Boxプレミアム2週間ごとに1GB
Box10GB
Flickr1000枚まで

OneDriveは紹介により10GBまで増やすことができます。

ストレージの管理→紹介特典→増量をクリックで表示されたURLを紹介)

 

50GB

年額月額
iCloud1,560円130円

 

100GB

年額月額
OneDrive2,688円224円
Google One2,500円250円
Amazon Drive2,490円
SugarSync9,000円750円

 

200GB

年額月額
Google One3,800円380円
iCloud4,800円400円

 

250GB

年額月額
SugarSync12,000円1,000円

 

500GB

年額月額
SugarSync22,800円1,900円

 

1TB

年額月額
Microsoft 365 Solo12,984円1,284円
Microsoft 365 Solo(Amazon)11,581円
Microsoft 365 Business Basic6,480円
Amazon Drive13,800円
SugarSync660ドル55ドル

 

2TB

年額月額
Google One13,000円1,300円
Amazon Drive27,600円
Dropbox(ソースネクスト)3年で28,800円
iCloud15,600円1,300円

 

3TB

年額月額
Amazon Drive41,400円
Dropbox Professional24,000円

 

10TB

年額月額
Google One156,000円13,000円
Amazon Drive138,000円

 

20TB

年額月額
Google One312,000円26,000円
Amazon Drive276,000円

 

30TB

年額月額
Google One468,000円39,000円
Amazon Drive414,000円

 

無制限

Googleフォト無制限
firestorageフリー無制限※1枚2GiBまで
PlayMemories Online無制限
年額月額
OneDrive for Business Plan 213,080円1,090円
firestorageフリー無料※2GiB
firestorageライト12,444円1,037円
firestorageプロ25,020円2,085円
Amazon Photos4,900円

 

各オンラインストレージの概要

OneDrive

◆Microsoft 365 Soloを購入しました

Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)

Googleドライブ

無料枠15GB。

Googleフォト

  • 写真は最大1600万画素、圧縮される
  • 動画はサイズ10GBまで、解像度は1080pに解像度が圧縮される

Google One

家族5人でプランを共有することができます。特典としてホテルの特別料金などもあります。

Amazonプライムフォト

◆実際に使ってみました

容量無制限、圧縮なし、RAWファイル可

Dropbox

ログイン不要。専用のフォルダにファイルをドラッグするだけで自動でWEB上に自動でアップロード。紹介により「無料枠を最大16GB」まで増やすことができます。

PlayMemories Online

無料、容量無制限。「オールシンク」機能により1920pxに圧縮。動画は5GBまで

Flickr

日本語は非対応。主に写真の共有が目的。画像1,000枚まで無料。最大200MB。JPEG、PNG、GIF限定。アニメーションGIFは不可。動画は最大1GB。再生は最初の3分間に制限

firestorage

どのプランも無制限ですが、最大アップロードサイズが異なります。大容量ファイルのアップロード、受け渡しが得意。

 

後書き

「Microsoftを使う+画像が多い」場合はMicrosoft 365 Solo(Amazon)がおすすめです。

Microsoft 365 Soloの難点はファイルのアップロードが遅いこと。ファイルのアップロードの速度はGoogleの方が早いです。

また、Microsoft 365 SoloはMicrosoftが使えるのはもちろんのこと、Skypeが月60分無料なのが魅力です。しかしSkypeの音声がイマイチでしたので、Skypeが入っていない「Microsoft 365」にしようかと思いましたが、たまたま見かけたキャンペーンで3000円引き+サイバーマンデーセールで購入しました

「写真を撮るのは好きだけど、ほとんど活用していない人」はGoogleフォトや、Google Driveで十分かと。個人的にはAmazon Photosより無料のGoogleフォトの方が優秀でした。◆Amazon Driveのデメリット

Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)