1.日本三大霊場「恐山菩提寺」に行ってきました

「人は死ねば、お山(恐山)さ行ぐ」。

青森県下北郡をはじめ、東北の多くの地でそういった言い伝えがあります。

恐山の玄関口「総門」。

 

正式名称は「恐山 伽羅陀山菩提寺」。

高野山、比叡山と並ぶ日本三大霊山の1つである恐山。元々は天台宗。

貞観4年(862年)に天台宗の慈覚大師により霊山として開山されました。

現在は曹洞宗のお寺となっており、本坊はむつ市田名部にある円通寺になります。

5月1日~11月上旬のみ開山。雪深い冬の間は閉山されます。

日本三大霊山制覇
恐山
高野山
比叡山

 

来迎の像

 

六大地蔵

 

ここまでは無料で見ることができます。

入山料500円を払って中へ。

境内は広いです。大まかに「山門→菩提寺→宇曽利湖畔→入口」の順に回ります。矢印の看板もあります

 

右手に寺務所

御朱印所。供養の相談や分からないことはこちらで聞くと良いです。

 

永代常夜灯と山門

 

吽形仁王像。

 

阿形仁王像。ガラス張りの中に入っています。なんかカラフル。

 

本堂

慈覚大師を祀っています。

宿坊に泊まると、本堂で朝のお勤めを受けることができます。

 

本堂の前にはお地蔵様。

 

スポンサーリンク

 

うんちくとアクセス

イタコさん

恐山で口寄せを行う盲目もしくは弱視の巫女のこと。

死者の霊を自分自身に降ろして、色々と語る霊媒師。

残念ながら、もう松田広子さんお1人しかおられません。普段は恐山には上がらず、ご自宅で行っておられるとのこと。公式サイト。後継者がおられなければイタコの歴史は終わりです。

 

金の鉱脈がある

既に国定公園ですし、高濃度の硫化水素により開発は不可能のようです。

温泉の沈殿物として金の異常濃集体が発見されており、2007年、日本の地質百選に選定された(恐山の金鉱床)。地質調査によると、その金の含有量は鉱石1トン当たり平均約400グラム、場所によっては6500グラムにも達し、世界でも最高の品質を誇る金の鉱脈である。ウィキペディア

 

食堂「蓮華庵」

駐車場の脇にあります。

 

お土産やさん

風車や草履などはこちらで購入できます。

オリジナル恐山せんべいを買いました。

 

公共手段はバスのみ

下北駅からバス。

 

駐車場

無料です。後ろの方に公衆トイレ。

  • 6:00~18:00
  • 大祭典 毎年7月20〜24日
  • 秋詣り 毎年10月の体育の日が最終日となる3日間(土・日・月)
  • 祈祷・供養時間 午前6時30分/午前11時/午後2時

タイトルとURLをコピーしました