弘法大師の岩清水を汲んできました

スポンサーリンク

住所は「奈良県宇陀市榛原檜牧」

道の駅 針テラスから369号線を曽爾方面へ下り、伊勢本街道沿いにあります。

 

2019年の水質検査報告書。

 

販売機とお地蔵さんは檻の中。

 

100円。

 

一瞬「味気ないなあ」と思いましたが、管理人が近くにいない場合は檻の方が安全かも。

 

水汲み場はもう1つあります。手前に自販機というのが何とも。

 

下の方に「こちらは旅の方用の水場です」と書かれてありました。

 

ここでも檻の中にお地蔵さんが見守っています。

 

どうやら、こちらの方から湧水が流れてくるらしい。

 

でも故障中。

 

この清水は遠く八世紀半ば弘法大師(空海)様が高野山(和歌山県)で修業を終え、全国行脚の第1歩として、女性を救い、女性の修行道場にと大和室生山を選び、現在の高野町を起点に橋本市、奈良県の五條市、御所市、大和高田市、橿原市、桜井氏を経て、行脚の途中、清浄水の補給のため、この聖地で清水を掘り開き、榛原町赤埴、仏隆寺(室尾山の正門)を経て、真言道場女人高野室生寺を再興しました。
以来一千百数拾年「弘法正浄水」として地元の方々は無論、伊勢詣でする旅人には真水として楽しんでいる。

 

ネット情報によると、100円で20ℓ汲めるらしいですが、ペットボトル1本しかなかったので詳細は分かりません。

まろやかで喉にすっと入る感じ

美味しいお水でした

とても冷たいので真夏にまた飲んでみたい

有料ですし水質検査をしているので大丈夫だと思いますが、抵抗力が弱っている人は煮沸してくださいね。

タイトルとURLをコピーしました